話題のMery検索って知ってる?

今日は、宣伝会議主催のインターネットマーケティングフォーラムに行ってきました。
その中で、一番の収穫だったのは、Meryの講演でした。

まず受付で、2週間で5万部完売したといわれる、Meryマガジンが配られていました。話題と聞いて、探して回ったけど、どこにも売ってなくて断念したので、ラッキーでしたw

講演を聞く目的は、コンテンツ方針をどのようにしてるのかなということだったけど、それよりも、衝撃的だったのは、Mery検索というワードでした。

Googleで検索する代わりに、TwitterやInstagram検索というのは、よく見聞きします。
先日、それについては、私も書いてみました。

急増しているといわれるTwitter・Instagram検索への対策とは?|tanrock|note(ノート)
https://note.mu/tanrock/n/nca1029e24066

しかし、Meryで検索は、初耳!
なんでも、すでに月間3000万回のボリュームがあるそうで、検索数が多い、色気・アンニュイ・かわいい・垢抜け、などのワードをみると、感情検索と言えそうです。
確かに、これらのワードをGoogleで検索しても、Meryユーザーが求める結果にはたどり着けなさそう。。。

他には、色っぽ・あざとかわいい、など初めて聞くワードが検索ボリューム上位を占めるそう。

女子の
・かわいくなりたい!
・おしゃれになりたい!
・モテたい!
・楽しいことがしたい!
といった気持ちに沿った検索行動といえるのではとのこと。

これを自社のビジネスにあてはめるとどういう対策をとるべきか?
先んじて対策を練って、アクションが取れれば、チャンスをつかめそう!
即実行せねば!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

Yoichiro Tange

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。