「いいな」より「いいね」

「いいな」は、自分の話
「いいね」は、相手の話

友人同士の会話でも、ついつい発しがちな「いいな〜」

でも、「いいな〜」の後に繋がるのは、「私なんて〜」というような自分の話。

いわゆる会話泥棒。

相手のことを知りたいなら、好きならば、
「いいな〜」より、
「いいね!それでそれで?」って、
相手の話を広げる事。

#言葉
#心
#コミュニケーション

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂きありがとうございます^_^ 読む前よりもポッと心の温度が上がったとしたら、とても幸せです。

やる気スイッチON
1

和子

心と言葉 心と行動

心と言葉、心と行動が一致している人って、凄く少ないということ。 なのに、相手の言葉1つに傷ついてしまうし、 自分も思ってもいない行動をしてしまって傷つけたり、反省したり。 多くの悩める人は、自分の感情と言葉や行動が一致していない。 言葉自体を知らなかったり、使い方を間...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。