見出し画像

人を頼ることが苦手になった話

久しぶりの投稿となりました。
田中颯馬です。

Twitterもいいですけどたまにはこうして文章を書いてみたくなったのでこのような形で書いてみました。
つたない文章ですけど良かったら読んでってください。

僕自身も他人を頼るのが苦手です。最近やっとましになってきたかなって感じなんですけど。多分環境や原因が違えど同じようなことを思ってたりする人はいると思います。少しでもそんな人たちが楽になるように書きました。そして、同じような感覚でなくても周りに同じような人がいたら助けてあげてほしいんです。

人が原因でなったことって克服できるのも人であるような気がするので


人を頼ることが嫌いになった理由

世の中自分一人では生きていけないってよく言われますよね。まあ確かにそうで誰しも誰かに助けてもらう、もしくは誰かの犠牲の上で生きてるかもしれません。ただみんなが同じようにいい思いして、苦労してってなるのはやっぱり不可能なんだと思います。

助け合いやら協力やら大きく言うと平等とかってよく良いようにとられがちなんですよ。
でも実際助けてもらうだけのやつとかひたすら誰かの成果の恩恵を受け続ける奴はいるわけで、少なからず搾取されるだけの側になる人たちはいるんですよね。

でそれの構造を小学校くらいに運悪く気づいてしまったんですよね。

僕の場合はグループワークなんかがきっかけでした。
グループでワークして個人の能力や成果でなく均等にグループとして与えられた点数を分けるみたいな。

自分だけ作業量増えるの気に食わないから割り振ったら
結局スピードもクオリティも落ちたんですよね。

相性がってのもあるかもしれないですけど
妥協はあんまりしたくなかったんでもうふらないでおいて
後で申告しようと思ったんですよね。

で先生に全部自分でやったから均等割はやめてくださいって言ったんですよ

じゃあなんでみんなと協力しないのか?
って怒られたんですよ。

まあわざわざ自分一人でできることを他人とやる意味も分からないし
スピードもクオリティも下がるなら一緒にやる意味なんて皆無でしょ。
と思ってましたが
当時は洗脳教育中だったので言えなかったですが、、、

まあ人ってこんなもんよなあ
と思ってたら結局、中学でも高校でも大学でも同じような感じですよね。
やるやつはやるしやらん奴はやらんよね。

グループワーク以外でも
はじめて事業作ったりしたときも金だけ持って消えるやつとか
事業の資料つくれないやつとか、人が馬鹿みたいに睡眠時間削りながら試行錯誤してるのを知っててわざわざ10時間寝たと報告してくるやつとか、
ビジネスメールのテンプレすら調べて送れないやつとか、

結局頼っても思い通りになんかならないしで
もしかしたら自分が期待しすぎてるのかもしれないし
もっと言えば

自分が他人に頼むから、頼るからこうなってんじゃないかって思ったんですよ。


いわゆる自己責任ってやつ。

人に頼まなければ自分の責任で何かができるし自分の責任だったら改善点とかも突き詰めることができるじゃんと思ったんですよ。
結局人を頼ることが嫌いになったのはある種自分を守るためであり、
物事に対して妥協したくない、思い通りにしたいっていう自分のエゴイズムだったんです。

人間ていうのは基本的に利己主義ですから自分のためにしか動かないです。そこを頭に入れて行動するのは原則かなって思ったりもしてました。

あながち間違いでもないんですけどね、、、


まあただそれじゃすごい消耗が激しいんですよ。
実際それで悩んだり辛かったりって人もいると思いますし、できないことの方が多かったりもする。

たまたま外的な要因であったり、悪い偶然がかさなってそういう人ばっかりに出会ってるってだけかもしれない。

でも何度も悪いことが続くとこういう人だろうなってカテゴライズしがちなるんですよ。これはもう仕方ない。

だからこそ人に相談できれば一番いいですけど
なんせ人をたよれなくなってるので難しいですよね。

なんで1日あったこととか話してみたりなどから始めてみてください。
最近こう思うんだよねっとかでもいいですし、会話で自己開示をしてみてください。
案外しっかり話を聞いてくれるような人がいるかもですし
なんなら肉親でも猫でも犬でもポスターに写ってるアイドルでもいいです。

人に頼れない人って自己開示ができなくなっています。
それは僕も同じでした。
でもやっぱり自分のことを話して自分を知ってもらうことはとても重要です。だからまずは自己開示の練習をしてみるのもいいかもですね。


幸いなことに僕は20歳になって相談的なのに乗ってくれる人に出会うことができました。非常に大きな転機だったのかとも思います。

社会もいろんな人がいるので合う合わないはあると思います。合わないなと思ったら別に関係を切るのもありじゃないかなと。


結局何が言いたいかっていうと
人を頼ることって頼れない人からするとめちゃくちゃ勇気いるし、消耗もおっきいしで難易度高いことなんですよ。
だから無理に人を頼る必要はないと思う。

ただ何かしらで人を頼らないといけないことがあるときに
自己開示やらが重要になってくるよねって話です。


頼れない人の多くがすべて自己責任で考えがちで
まあ賛否が分かれる自己責任論ですけど
常に自分にベクトル向けるであったり、妥協したくないであったり、高い質を提供したい思いで頑張る人は素晴らしいと思います。

ただあなた方が助けた人で恩を返したいって思っている人、心配だから助けたいって人もいるかもしれない。そこに頼ることも必要なことじゃないかなと思うんです。

世の中人の成果に乗っかろうとするやつや、何事も他責にするやつとか、自分で責任取れないのにやるやつ、環境がどう周りがどうって理由つけて何もしないやつとか、だれだれに言われたからやりませんみたいなやつとか

年齢関係なく腐るほどいるんです。
そういうやつらのために頑張ってる人が犠牲になる必要はないと思います。

ただそんな人だけじゃなくどこかしらに助けてくれる人もいるってことをお忘れなく。
今までもあなた一人じゃなかったはずですから。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

京都生まれ京都育ち京都好きなやつやつ大体友達(嘘ですw) 現在は京都の宿泊施設に関係したサービスを展開予定です。 一応起業家兼ラッパー、欅坂46、乃木坂46

感謝とリスペクト
5

田中颯馬

公立の義務教育→公立の高校→私立大学一般的な関西の大学生が起業する話関西で簡易宿所、ホテルのサービスを実現へ簡易宿所、ホテルのプロデュースが目標です。居住地の流動化に先駆けたサービスなんかも考えています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。