人を頼ることが苦手になった話

久しぶりの投稿となりました。
田中颯馬です。

Twitterもいいですけどたまにはこうして文章を書いてみたくなったのでこのような形で書いてみました。
つたない文章ですけど良かったら読んでってください。

僕自身も他人を頼るのが苦手です。最近やっとましになってきたかなって感じなんですけど。多分環境や原因が違えど同じようなことを思ってたりする人はいると思います。少しでもそんな人たちが楽になるように書

もっとみる

生きづらさの普遍的蔓延、承認の格差〜物語の崩壊と自己責任論〜

前回は「個人の生きづらさが発生する社会的状況」に関して語っていきました。

今回はそれを踏まえ、「そもそもその社会的状況にどうしてなったの?」という部分に関して話していきたいと思います!!

・大きな物語の崩壊と生産性の概念の残存

ではそもそもなぜ私はメリットを提示しなければならないのか。それはこの社会を形成する価値観が生産性=メリット=能力を中心に据えられている状態であるからだと私は考えている

もっとみる

橋下徹の例の発言について思うこと

「●にたかったら一人で●ね」という言葉について、そこかしこで論争が起こっています。今日はこれについて書いていきたいと思います。

 今までもこの手の議論はあったのですが、最近だと、橋下徹が「●にたければ一人で●ね」と言ったのが話題です。

 もちろん橋下は「弱者に対して社会全体で支えていかなければならない」「最終的決断としてこの世からいなくなることを選んだ場合」ということを前提としています。

もっとみる

人に頼りながら自己責任を果たすということ

自己責任は、自分が決めたことに対して、自分がどれだけ応えられるか

response(応答)+ability(能力)

自分にできることはしっかりやって、できないことは他者に任せる

人に頼ると決めたら、自分にできないことを見定めて、できる人へ頼ることが、自己責任の果たし方

『頼ること』が圧倒的に大切

自己責任に縛られている人は

「人に頼らない」と自ら決めて、それに応えることで、責任を果たそ

もっとみる

自己責任論についてよく思う事

いやー、これは本当に思う事なんですけど…。

あ、ちなみに私自身の話とかではないのですが。

何で、人に頼ることとか弱音を吐くことが出来ない人が多いんですかね??いや、もしかしたら、頼られる事が嫌な人もいるから言えないとかですかね?でも、頼ったり、弱音吐いたり出来ない世の中って悲しすぎないですかね??

いや、本当に。

なんかね?この日本って国しか知らないから、あれですけどね?潰れたら「お前が悪

もっとみる

「学生が棄権する」理由から「失敗を認めない社会」の末路が見える件 後編

▼前号は、最近の大学生にとって、

「社会に有益な政治家を選ぶという「正しさ」より、自分が当選者(=多数派)に投票できるかどうかが重要な指針になっているように感じる。

少数派と見られるのを失敗と同義に捉え、極度に恐れている。」

という工藤宏司氏の推測を紹介した。

▼その後半を読もう。

〈(若者にとって)失敗しないことが目的化し、身動きがとれなくなっているように見える。〉

〈若い世代が「間

もっとみる

「学生が棄権する」理由から「失敗を認めない社会」の末路が見える件 前編

▼選挙に行かない大学生が多いらしい。その理由を探った論考を読んで、衝撃を受けた。「間違った候補者を選んだらどうしよう」という理由で悩むというのだ。

間違った候補者ってなんだ? 逆に、正しい候補者ってなんだ?

▼大阪府立大学准教授の工藤宏司氏の談話。おそらく共同通信の配信だろう。2019年7月14日の福井新聞が、いい見出しをつけていた。

〈若者、なぜ投票しない?/「落選なら少数派」恐れ/失敗認

もっとみる

虐待的社会 その1

ドーモ、スネゲマンです。

唐突ですが、常々思っていることを端的に申し上げようと思います。
それは、日本は「虐待的社会」だ、ということです。
まだ上手く纏まっていませんが、書きながら頭の中をまとめていきたいと思いますので、お付き合いください。

1.低い自己肯定感

「日本の若者は自己肯定感が低い」という文言をご覧になった方は多いかと思います。国立青少年教育振興機構が日・米・韓・中の4カ国の高校生

もっとみる

「自己責任論」にとどめを刺した子どものひとことを紹介します《時事社会・自給自足》

この3連休、子どもといっしょに、ちょこちょことネットニュースを見てました。
 そのなかに、こんな記事がありました。TOKYO MX の 2019.7.13 20:04配信の記事です。

60歳の25%が貯蓄100万円以下…「老後2,000万円問題」格差浮き彫りに

 「60歳の25%が貯蓄100万円以下」と訴えるこのタイトル、かなりショックです。記事内にはこうありました。

 PGF生命が行った、

もっとみる