招待状

タクシーという密室で、大きなおばさんが爆発音のようなクシャミを連発して、堪えきれなくなった話。

タクシー運転手をしていると乗せたくないお客様がいる。

お酒に酔って、今にも吐きそうにしている方や
汚い(汚物的な)格好をしている方、
法律的にもこれらのお客様の乗車を拒否することは許されてもいる。

しかし、それ以外にも私にとって

「もうやめてくれー(笑)」

と思うほどのお客様がいる。これはその時の話。

私は、お乗せしたお客様とは
話しかけてこない限り話しかけないようにしている。

お乗せするお客様のうち7,8割は特に話しかけてこないので、
車内はラジオ(シーンとなるのが嫌だから)の音が聞こえているか
お客様同士の会話や電話、スマホをいじる音が聞こえる。

一言でいうと

「ちょっと静かな緊張の空間」
(緊張している訳ではないけど)

その緊張の空間で、「ん?」と思わされることがあると
笑いそうになってしまう。

よく、人が笑うときに『緊張と緩和』と言われる理論があるけど
まさにその状態が、ほぼ無音のタクシーの車内で起こる。

『緊張と緩和』を簡単に例えると、
赤ちゃんがいないいないばぁで笑顔になることや
お葬式で厳かな中、立ち上がった人が脚が痺れているのを見て
笑いそうになること等がある。

この間も、こんな出来事があった。

まだ花粉が舞う時期、都内一等地でお乗せしたお客様、
二人組で
一人は力士なみに恰幅のいいおばさん
一人はぽっちゃり体系のおばさんのお母さん
一等地であることもあって落ち着いた雰囲気でもあるが
親近感も感じるような穏やかな二人。

目的地はそう遠くなく、5分もかからない距離。
普段と変わらず、安全運転で目的地にお送りする。

車内は、静かにラジオの音が流れ、
二人なのに会話は特にない。

空気が悪いというより、
家族だから特に喋らないといった感じ。
(なぜ家族と分かるのかといえば、
乗ってくる時にそういう会話をしていたから)

こちらも、特に緊張している訳ではないが
車内は静かな緊張の空間になっている。

そんな時、

後ろから大きく息を吸う音が聞こえた

「はぁーーっ」

っと、

マスクをしているのに車内の空気をすべて吸い切るんじゃないか
と思うほど大きく吸い込んで

出てきたのは

「だぁーーっくしょん!!!!」

車内が揺れ、爆発したんじゃないかと感じるぐらい大きなくしゃみ。

びっくりした私は

「(すごい大きなくしゃみだな~)」

という感想を持った。

と感想を思い浮かんだとき再び

おばさん「はぁーーっ」

私「(あ、)」

「だぁーーーっくしょん!!!」

「(また出た、でっかいくしゃみだな~)」

一回目のくしゃみが終えてからその間

3秒。

「(花粉も舞いまくって・・)」

とクシャミの原因を考えていると再び

おばさん「はぁーーっ」

私「(あ、まただ)」

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

私「(やっぱ、くしゃみデカすぎない?)」

初めて聞いた爆発音のようなくしゃみ、
しかもそれが三連発。

私「(こんなデカイくしゃ)」

おばさん「はぁーーーっ」

私「(聞いたことない、あ、ちょっと待って、早い)」

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

「(やっぱでかい!!)」

この時点で、
緊張の空間だった車内を壊すようなクシャミの大きさと連発に
私の口元は緩み始めている。

私「(しかも、3秒おきっ)」

おばさん「はぁーーーっ!」

私「(って早くない?)」

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

私「(デカイ、テンポ早い、テンポ良い)」

こんなくしゃみをさっきのおばさんがしているのかと思っていると
再び笑いそうになったが

さっきの間隔から外れた。

私「(治まったか、、デカかったな~)」

おばさん「はぁーーーっ!」

私「(うわっ!また来た、ちょっと待って!)」

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

私「何回するんだよ!こんなデカイくしゃみ」

治まったと安心した後のくしゃみ、
私の身体がヒクヒクし始める。

おばさん「はぁーーーっ」

私「(あ~、ちょっともう笑)」

「だぁーーーっくしょん!!!」

遂には身体が反応してしまった。

私「(ほらー、もうだめ)」

抑えようとしても抑えきれない感情が
トトトトンと鼻息から出てくる。
口元はユルユル、肩はフルフル。

私「(やばい、バレてるかもしれ)」

おばさん「はぁーーーっ」

私「(やめてーーーーっ!)」

おばさん「だぁーーーーっくしょん!!!」

トトトトトンというテンポで

「フフフフフンッ」

という鼻息が漏れる。
笑うのを抑えようとも出てくる。

私「落ち着け、もうやめ」

おばさん「はぁーーーっ!」

「(だからやめ)」

「だぁーーーっくしょん!!!」

「(テーーーーーーーーーッ!!!)」

ここまでくると自分の思考がコントロールできなくなり
私の思考であるのにも関わらず
私に悪意があるように
恰幅のいいおばさんの大きいくしゃみの映像を
脳内に流し始める。

マスクをしているのに
こんなに大きく吸い込むってことは相当吸い込んでいる。

身体の半分くらいの大きさの口を開けて吸い込む漫画のような情景と
その口から出る爆発音なみのクシャミが脳内を支配する。

私「(もう、面白がってる自分がいるな~)」

おばさん「はぁーーーっ!」

私「(ほら~、すごい吸い込む)」

「だぁーーーっくしょん!!!!」

今までは後ろに座っていたから
映像までは頭に浮かばなかった。
しかし、何度もくしゃみを聞いているうちに
思考がそのくしゃみのことだけに。

おばさん「はぁーーーっ!」

私「(あー来た!もう何回目?)」

おばさん「・・・・・。」

私「(止まんのかーい!!そんだけ吸い込んで止まるってなに!?)」

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

私「え、(時間差っ!!?)」

この間も
鼻からの息、肩の揺れ、口元の緩み
身体に現れようとする敵と
おばさんを可笑しく想像しようとする思考
自分で自分と戦いながら
くしゃみとも戦う。

私「(笑わないように、考えないように)」

と考えれば考えるほど

おばさん「はぁーーーっ!」

私「やばいって~笑」

止まらない。

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!」

私「まだ出る!?早く着いてーーーっ!」

目的地が近づく。

おばさん「あっ運転手さん、あそ・・はぁーーーっ!」

私「(それはダメって!)」

会話によって一瞬、
くしゃみからは注意を逸らすが
おばさんに注意が向いている。

その時に

おばさん「だぁーーーっくしょん!!!!」

私「(あ~ダメだ)」

肩が完全に揺れた。。。

おばさん「運転手さん、あそこのガードレールの切れ目で」

「くぁしこまりました」

笑いを抑えながら対応する。

支払い中も3秒に一度

「だぁーーーっくしょん!!!」

タクシーを降りて

「だぁーーーっくしょん!!!」

三歩歩いて

「だぁーーーっくしょん!!!」

仁王立ちで

「だぁーーーっくしょん!!!」

走り去っても

「だぁーーーっくしょん!!!(遠くで小さく)」

ひたすらくしゃみを続けていた。。

このくしゃみ、再現できないかなと車内で試すも
3回目以降、喉が痛くなり始めた。。。

あのおばさん、10回以上はしていた。。。。

最強や!

また絶対に乗せたい!!!



当noteで運営しているマガジン

では
あなたが体験した誰かに話したい
「感動したタクシー体験談」
「ムカつくタクシー体験談」
「驚きのタクシー体験談」

を募集しています。
ぜひ、あなたのタクシー体験を教えてください。

あなたの体験談が日本を面白くするエンタメに変わるかもしれません。

次のエンタメはタクシーから生まれる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あいがとう・・・  (サボリ)
2
『タクシーをエンタメにして、新たなエンタメのジャンルをつくる!』 運転手や利用者のエピソードを集める「タクシーエピソードコレクター」#タクシーで記事を漁っています。 タクシー運転手だからこそのエピソード「#タクシードライバーは見た」も更新中! タクシー運転手(東京) 沖縄出身
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。