見出し画像

初のアフリカ産スマホ ルワンダ、南アで始動

初のアフリカ産スマートフォンが誕生する。

2019年10月上旬にマラグループ(Mara Group)がルワンダでの生産工場をオープンし、その10日後には南アフリカでも工場をオープンした。

Made in Africaのスマホ

2019年10月7日付けのロイター通信やアフリカ・ビジネスの報道によると、アフリカの複合企業マラ・グループがルワンダに初のスマホ工場をオープンした。アフリカブランドのアフリカ産スマホだ。

ルワンダの首都キガリの特別経済区に完成した工場は200人の従業員を抱え、オープニング式典にはカガメ大統領も参加した。

ルワンダのスマホ普及率は現在15%で、中国企業Tecnoと韓国企業Samsungの2強が占める市場だ。

画像1

マラX、マラZの2モデル。OSはアンドロイド。
https://maraphones.com/

「高品質で手頃な価格」とマラグループCEO、アシシュ・タッカー(Ashish J. Thakkar)が語るマラ・フォンは強気の価格設定だ。高価格の機種マラZは、日本円にして約2万円になる。

地元銀行や通信会社と組んで2年間払いの支払い方法を提供するが、普及するかについて懐疑的な声もあるようだ。

【スマホ価格比較】

この続きをみるには

この続き:2,996文字/画像1枚
記事を購入する

初のアフリカ産スマホ ルワンダ、南アで始動

The South|サウス

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。アフリカ、ラテンアメリカを伝える取り組みを、息長く継続していきたいと考えています。年に数回は現場にも入り、ご報告する計画です。ご支援をよろしくお願いします。定期購読の読者にもなっていただけたら、さらにうれしいです!

ありがとうございます!
6
アフリカ、ラテンアメリカ(中南米)の情報をもっと増やしたいと考えてます。複雑さを増す世界を理解するうえで欠かせない、両地域に関する落ち着いた分析を発信しています。オリジナルサイトもぜひ。https://thesouth.jp