ツクルバ / tsukuruba_community

「場の発明」を通じて、欲しい未来をつくる。実空間と情報空間を横断した場づくりを実践する場の発明カンパニー・ツクルバの “コミュニティ” としての姿をお届けします。#ツクルバな日々 https://tsukuruba.com/

「チーム・組織で働くこと」ーYearbook2018対談③ー

こんにちは、ツクルバコミュニティチームの外山です。

Yearbookとは?

Yearbookは、1年に一回発行しているツクルバのカルチャーブック。名前の通り、ツクルバの文化を伝える冊子です。一番大きな役割は社内報としてメンバー間の相互理解を促進するツールですが、そのほか採用選考にお越しいただいた方や、お客さまなど社外の方にもお渡ししています。

4回に分けてYearbookのコンテンツを紹介し

もっとみる

19/07/05 #ほぼ週刊ツクルバ 〜垣根を超えてのコミュニケーション〜

こんばんは! コミュニティチームの國保です。

金曜日の夜は、「ほぼ週刊ツクルバ」の日。ここでは、その週にツクルバで起きた出来事を独断と偏見でピックアップしてご紹介。ビッグニュースからちょっとしたホットトピックスまで、 #ツクルバな日々 にどうぞお付き合いください◎

※今週は、6/24週と7/1週の2週分をお届けします。

「日本一、生産者にちかいBBQ」? 有志でFARMERS BBQ@吉祥寺

もっとみる

「つながりってなんで必要?」ーYearbook2018対談②ー

こんにちは、ツクルバコミュニティチームの外山です。

Yearbookとは?

Yearbookは、1年に一回発行しているツクルバのカルチャーブック。名前の通り、ツクルバの文化を伝える冊子です。一番大きな役割は社内報としてメンバー間の相互理解を促進するツールですが、そのほか採用選考にお越しいただいた方や、お客さまなど社外の方にもお渡ししています。

-----------------------

もっとみる

無限に濃密な場を発明したい #この度ツクルバに入社しました

ツクルバでは、ユニークで多様なバックグラウンドを持つ、多彩なメンバーが続々と仲間入りしています。「#この度ツクルバに入社しました」シリーズでは、 そんなNew Memberそれぞれのストーリーを紹介し、社内外に発信していきます!
今回は、2019年6月にcowcamo事業部へ加わった山本をご紹介します。

山本憲央(やまもとのりひろ)
1996年生まれ。大阪府大阪市出身。関西学院大学商学部卒業。

もっとみる

「こだわりの先に」ーYearbook2018対談①ー

こんにちは、ツクルバコミュニティチームの外山です。

Yearbookとは?

Yearbookは、1年に一回発行しているツクルバのカルチャーブック。名前の通り、ツクルバの文化を伝える冊子です。一番大きな役割は社内報としてメンバー間の相互理解を促進するツールですが、そのほか採用選考にお越しいただいた方や、お客さまなど社外の方にもお渡ししています。

これから3回にかけて、Yearbookに掲載した

もっとみる

【remark新着記事】タスク管理ツールで書籍を執筆。エンジニアが技術書典で同人誌を頒布するまでとその後

こんにちは、ツクルバコミュニティチームの外山です。

「remark」は、ツクルバのクリエイティブ集団「tsukuruba studios」が発行するWebメディア。

プログラマー、デザイナー、アーキテクトなど、多様な職能のメンバーが日々考えていることや想いを発信しています。

今回の記事では、tsukuruba studiosのバックエンドエンジニアである松村が「チーム開発1年目の教科書」とい

もっとみる