香港上級者さんにこそ行って欲しい、油絵アート&ITワールドに浸れる深センの魅力

「ITギークな友達がアツイっていう、深センに行こうよ?ずっと行きたかったんだよね」

大好きな香港に行くことが決まって、4日間の旅程の中1日をIT都市、中国深センで過ごしたいとパートナーに提案された。文系女子、ITとか怖いし、パソコンなんてほぼ保有したことない、そんな私は絶対一人じゃ深センに行こうなんて思わない。

海外渡航歴50回のうち香港には5回行っていて、香港の雰囲気はよく知っているので、1日くらいは新しいことしてみたいし、パートナーの好きなところに行ってもいいかな、それくらいの気持ちだった。それが、こんなに楽しい街と気づくなんて...

控えめに言っても、深センは楽しすぎる。油絵の街・ダーフェンはヨーロッパを歩いているような素敵な雰囲気に浸れるし、福田市をはじめ都市部には日本では感じたことのない最先端がある。でもたまに、カオス。周りを見渡しているだけで飽きない異世界。

平均年齢30代と思われるほど多い若者が放つ街全体から溢れるパワー。スタートアップが盛んで町中に自転車レンタルがずらっと並ぶ様子。監視カメラがそこかしこにある地下鉄。飲食すると罰金があり綺麗に保たれている地下鉄車内では、280L(20L×14本!)が運搬されている...

中国政府の方針で、大学や大学院卒の優秀な若者が深センで働くと補助金出すなど人が集まるような仕組みがあると聞いた。その仕組みを使って中国全土から若い人が集まり、そこで結婚して子供が生まれると両親を呼び寄せて深センに住み、子供の面倒を見てもらうらしい。30代女性で専業主婦はほぼいない、出産後育児は家族のサポートを受けながら働くことが一般的、頼もしい女性と魅力的な街だと感じた。


深センに行くために、香港で準備しておくべきこと

この続きをみるには

この続き:3,919文字/画像20枚

香港上級者さんにこそ行って欲しい、油絵アート&ITワールドに浸れる深センの魅力

チエママ@9ヶ月育児中

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。