紅いシリコンバレー深センの実情と中国のイベントリポート(資料ダウンロード可)

2019年6月15日(土)17時半より上海で知り合ったバルコニアの久保山さんのオフィスで中国関連イベントを開催しました。
その名も「紅いシリコンバレー深センの実情と中国」。

普段中国のテック情報を収集している方々にとって「深セン」というキーワードは避けて通れないもの。
テンセント、DJI、ファーウェイ、そして平安保険など、深センを代表とする有名企業がゴロゴロいます。

ただ、目先の最新情報を収集

もっとみる

「超」競争社会、深セン

深圳(深セン)に来ています。中国勤務時代に数回来ていたけれど、香港に近いので最近はよく足を運んでいる。

銀行や役所回りをしているのだが、効率がめちゃくちゃ悪い。銀行口座を開設するのにも100枚近くの書類にサイン+押印しなくてはならない。
不正をはたらけないように徹底的に管理をするためだ。写真だけでなく、何度も自分の動画まで撮られた(笑)。いくら深圳が電子化されようとも、「性悪説を追求する」姿勢は

もっとみる

2019年深セン(深圳)に行く!! 01 準備編

かねてより気になっていた中国広東省 深センに兄弟(兄と)揃って行ってきました!

現地のガイドにお願いすることなく、インターネットとスマホアプリを駆使して次世代っぽい体験が出来たのでnote始めてみました。拙い文章ですがお許しを。

実質2日間という短い期間でしたが、移動がスムーズに行ったので色々な場所に行けたり、面白い体験ができたと思います。その様子を簡単ですが残しておきますので、みなさんの旅の

もっとみる

アジアのコーヒースタートアップを実際に体験して発見した、テクノロジー x 店舗チェーンのUX

先日noteにしたアジアのコーヒースタートアップ2019年で、アジアで盛り上がりを見せているコーヒースタートアップをいくつか挙げました。

アジアのコーヒースタートアップの中で、勢いのあるスタートアップはテクノロジー x リアル店舗中心のサービスを展開をしているということがわかりました。仕組み自体は難しいことではないので体験の想像はできるのですが、その体験にどれくらいのインパクトがあるかは実際に

もっとみる

高齢者の目線で考えれば、深センと香港の違いと日本の未来が見えてくる?

この記事をご覧になってくれた皆さん。いきなりですが、もし外にいるのなら、周りを見渡してみてください。

 そこが電車の中であっても、カフェであっても・・・・あなたが仕事中でない限りは、どこであっても、高齢者の方々が近くにいるはずです。

 今回は、それが当たり前ではないと気付かされたということをお伝えしたいと思います。

 私は普段医療や介護の関係の仕事をしています。先日、志合会のスタディツアーに

もっとみる

珠海の美しさに感動!

珠海の美しさに感動。広東省珠海市。人口189万の小都市?なのだけれでも、一人当たりGDPは、16.5万RMB(約250万円)と実は広州市よりも上で、広東省内で深センに次いで2位。深センと同様にバスは電気自動車になっていたり、人口が少ないせいか、深センよりも街が綺麗。珠江口の東側の香港と、西側のマカオ・珠海を繋ぐ全長約55㎞の世界最長の海上橋「香港・マカオ大橋」が2018年10月に開通し、香港、マカ

もっとみる

深センの古いマンション最高って話(前編)

さて、前の記事にも書いたが先月1週間ほど中国の深センに行って作品制作をしてきた。私にとっての初中国である。
今回はそこで見た、忘れられない深センの古いマンションのことを書こうと思う。
無駄に長くなったので、前編と後編に分けたがざっくりいうと内容は題名の通りだ。(しかしなかなか肝心の古いマンションのことに辿りつかず、だらだらと書くことになるが許してほしい。)

 ところで深センと言えば、何を想像する

もっとみる

出張レポート#Day3 深セン《完》

杭州→深セン→大連の写真中心の出張レポートです。
大連は特に見どころがなかったので今回の出張はこれが最後のレポートになります。

Day3 深セン

晴天の猛暑日となった 3 日目の午前はテンセントと、午後は中国国内と諸外国でマルチペイメント決済 GW サービスを展開している企業と打ち合わせです。

気温 31℃、湿度 60% で一足先に日本っぽい夏を体験

テンセント本社訪問

写真中央のツイン

もっとみる

中国と日本でモバイルオーダー&ペイを体験してみた

こんにちは、Lisa Technologies株式会社にてエンジニア兼広報の

インターンをしている神谷昇吾と申します。

この度、アジアのシリコンバレーである中国の深センに行って参りました。

深センではキャッシュレスだったりハードウェアの面が非常に発展しておりますが、私が注目したのはラッキンコーヒー(luckin coffee / 瑞幸珈琲)というサービスです。

今回はそのラッキンコーヒー

もっとみる