花のある生活。

お花、旅、音楽、日々つれづれコラムです。アクセサリーデザイナーと旅の音楽家という女性2人によるインテリアブランド「TOKYO BENZAITEN」と申します。流木やドライフラワーなどボタニカル素材を使用したインテリアを企画・販売し、アウトドアライフを送ってます。

ハーブティーが飲みたい。

カフェインが苦手である。

あの独特のクセ、
尖っていてタフな味わい、
身が焚き付けられる香り、

という訳ではなく、カフェイン酔いってやつをしてしまうからだ。

つまり体質に合わない。



知り合いが店長をつとめる、香料を使わない自然派の紅茶専門店。

お邪魔して、

少し甘みのあるポットティーを注文した。

惜しげもなく季節の紅茶を飲み比べさせていただき、

皆さまへのサービスで、魅力的な

もっとみる

ニューヨークのチャイナタウンで暮らす

魚醤のような八角のような香りが立ち込める街だった。

ニューヨークのチャイナタウンの中にあるアパートメントの一室で、
一階のソファーにアクセサリー作家。二階のロフトマットには私、旅の音楽家が寝ていた。

部屋の中央にはテーブルがひとつ。
セントラルパークが黄金色に染まるはずの季節なのに、気温は30度になる。

クーラーなどは付いていないので、向かい合わせでそのテーブルを囲んで、まるで下着同然の姿に

もっとみる

ほとんどフランス?北米のパリで美味しいものを食べつくす!

ニューヨークが大好きな旅の音楽家と、カナダ大好き花のアクセサリー作家、そうだ、2人で仕事しながら北米横断してみよう!

というこで、ニューヨークからスタートし、カナダはプリンスエドワード島、モントリオール、チリワック、バンクーバーを巡る3週間の旅。

花のアクセサリー作家は点滴を打つ事態になってみたり、旅の音楽家は寒さで不眠状態が続いて目の下にクマを作ってみたり。。と、そこそこサバイバルな事態が起

もっとみる

ノマドワーカー必見!都内のおすすめコワーキング・スペース、WiFiカフェ10選

少人数でのミーティングが必要な時や、ちょっと空き時間ができた時、パソコン作業が出来る場所が欲しいと思った事はありませんか?

電源とWiFiを提供してくれてゆっくりと作業ができる店はそうは多くなく、

あったとしても、飲みたくもない飲み物を千円くらい払わなければならなかったり混んでいたりして、落ち着いて作業ができず諦めることになったり。

「もっとコストパフォーマンスの高いスペースが欲しい」と思っ

もっとみる

f5.6 写真撮影は光の射す瞬間に

辺りは梅雨の空。
緑が蒸し返すような香りがする。

曇り空の日は多いけれど、
にわか雨が降ったあとには、虹が顔を出す。

わたしは昨年の梅雨の時期、雨季のバンコクにおりました、旅の音楽家(@nagareruiota)と申します。



「花のある生活。」の相方であるアクセサリー作家が、個展をおこなう
ことになりました。

個展で展示する作品うちのひとつ "コンセプト写真" の撮影を、
わたくし旅

もっとみる

当たり前じゃない鎌倉の歩き方

旅の音楽家から、久しぶりに仕事以外の連絡が入った。

「材木座海岸から、小坪マリーナというところまで、海の中を歩いて渡る道を見つけたの!明日行ってみない?」

私はアクセサリー作家としての出店が連日続いて、正直とても疲れていた。

だから出店が終わったら、たっぷりガッツリ寝てやる!と思っていたのに、

心が動いてしまう。

楽しそうなことへの欲求には、すこぶる弱いのだ。

少しだけ逡巡したものの、

もっとみる