見出し画像

「土曜休止、4日以内に配達。日本郵便、制度見直し要望」とかやめてほしい

利用者にとってみれば、今週差し出した郵便が翌週になって配達されることにもなり、”4日以内配達?ふざけるな!”と多くの人はこれに反対だろう。

郵便局で働く側からすれば、”土曜休止”は働く側の負担が大きいので反対だ。

現状、週末明けの郵便物の増加、祝日明けの郵便物の増加は毎回残業を余儀なくされる。

大まかに一週間の郵便数は、
 月曜日 1.5~2倍
 火曜日 1倍
 水曜日 1倍
 木曜日 1倍
 金曜日 1倍
 土曜日 1倍
と、ざっとこんな感じだ。

週明けの月曜日は土曜、日曜に差し出された郵便物二日分となるが、会社、事業所が休日もあり大よそこのような感じになる。

しかし、土曜休止となると、月曜日の郵便数は2.5~3倍となってしまう。

我々からすれば、ホントは日曜休止をなくして欲しいくらいだ。

そうすれば、一週間を通して郵便数はほぼ平均化される。

それだと、「休みがなくなる?」と思われがちだが、日曜日は週休、平日のどこかで非番、と週休二日が保たれている。

実際は、週休二日を保ったまま休配日なしとするには、現状の人員ではムリでらしい。

我々のような下っ端が何を言っても変わる訳ではないが、お上の決めたことに従わなければならない末端はつらい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Toru Sugawara(JPN)

『くうねるはたらく』生活から『くうねるあそぶ』生活にシフトしたい。

毎日の15分トレーニング/日記を書いてみる

感じたことや思ったことを書こうと思わないこと/文章の長短にこだわらないこと/ネガテイブなことをポジティブに書いてみる/日記に書いたことは現実となる/日記をつけるメリット(自分を客観視できる/記憶力がよくなる/観察力がつく)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。