ドライマンゴーとニンジンのラペ

日持ちするニンジンでつくるキャロットラペはサラダの定番。レーズンを入れるのが定番ですが、味はいいもののニンジンとの絡みが悪く、皿の下に残ってしまいがち。味的に一番相性がいいのはドライクランベリーなのですが、レーズンと同じ問題点があります。アプリコットも試しましたが、ニンジンよりも風味が強いので、除外。結果として一番、理にかなっていたのがドライマンゴーでした。

材料
ニンジン1本(180g)
ドライマンゴー30g
オリーブオイル大さじ1+1/2
ワインビネガー 小さじ1
塩2g

ドライマンゴーの品質はピンきり。これは100円ローソンの安いものですが、高いドライマンゴーはやはりそれなりにおいしいようです。しかし、高いものは切りづらいという弱点もあるので、適当に選びましょう。

ニンジンは千切り、ドライマンゴーも同様に千切りにします。楽なのはスライサーを使うこと。

この貝印の千切り器はなかなか優秀でした。これ、いわゆる沖縄のシリシリ器ですね。チーズのおろし金をつかうと断面がザラザラになってドレッシングが絡むという意見もありますが、舌触りや日持ちを考えると断然スライサーか手切りです。

この千切り器の弱点はニンジンの色素で白い本体が染まってしまうこと。太陽光にあてるときれいになるのですが、色移りしにくい素材を使うなど改良の余地はありそうです。

すべての材料を混ぜ合わせたら保存容器に入れて、冷蔵庫で一晩。そのあいだにニンジンから水気が出て、それをドライマンゴーが吸ってやわらかでとろりとした食感になります。すぐに食べてもいいのですが、ぜひ一晩お待ち下さい。

出来がりの状態がこちら。マンゴーとニンジンの形状が揃っているので、きちんと同時に口に入ります。大根の千切りでナマスをつくるときに干し柿を入れたりしますがあれと同じで果物の甘みがあるとバランスがとれるんですね。口に入る食材の粒子を揃えるのは中国料理的な発想ですね。このレシピ、ツイッターにも書いたのですが、noteにも載せておきました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
223

料理の基本

基本的な料理を丁寧に解説します
6つのマガジンに含まれています

コメント4件

こんばんは!
今日ピースオブケイクさんでいただいた樋口さんのサンドイッチ すごくすごーく美味しかったです!カクテルもスープも好きな味でした。
どれも知ってるはずの素材から作られたものなのに、初めてのお味で。
わたしがフランス料理をちゃんと食べたことがないからでしょうか?
素敵な美味しい体験をありがとうございます( ´͈ ᗨ `͈ )◞♡⃛
ごちそうさまでした★
イベントではありがとうございました。noteでは和食も多いですが、たまにはフランス料理の
普及にも努めます(笑) あのノンアルコールドリンクのレシピは簡単バージョンをnoteにも書きます!
わわ、楽しみにしています☺️
ありがとうございます★
本日にマンゴーとニンジンのラペを友達の集まりに二回持っていきました。あり得ないくらいに人参を消費。そして塩分の入っていないから安心しておススメ。前日仕込みだから当日楽。ポットラックパーティーにうってつけ。

素晴らしいレシピでもう一度お礼を言わせて下さい。

ごちそうさまでした!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。