海野裕

博報堂を経て株式会社インターテクストを設立、代表取締役。CSV(Creating Shared Value)スペシャリスト。時を超え世代を超えて社会で共有していくべき価値の創出に向けて日々考え創り汗しています。猫、ピアノ、ギター、ロードバイクをこよなく愛しています。

自分の周りから最適化していくということ

この文章を書いたのはたぶん2000年くらい。すべてを他人のせい、環境のせい、政治のせい、景気が悪いせい、と言わずに生きていこう。自分のために自分の人生を生きていこう。そんな気持ちで書いたことを思い出します。東京港区のおへそのような「麻布十番」という街を選んで、ここでの小さなセーフティネットを創りながら、自分を育て、家族を愛し、猫を愛して生きていければと思っているわけです。

そんなことを思い出させ

もっとみる

令和の始まりに寄せて

昨日2019年5月1日を以て改元、平成が終わり令和となった。元号は中国の皇帝の在位期間を表すことに起源がある。今も元号を用いている国がいくつあるのか、私は知悉しない。だが多くの国がキリスト暦を用いているであろうことは想像がつく。つまり天皇が代わり新たな時代を迎えたのは我が国日本だけであり、地球上のだいたいの世界にとっては同じ時間軸の延長線上にあるということである。

改元を話題にするかどうか、少し

もっとみる

イチローとぼく

イチローが現役を引退宣言しました。ぼくと野球は何の関係もないし、野球にも何の興味もないのですが、実は今日記しておくべき大事なことがあると思い、こうしてブログを書いています。ぼくは1989年、平成元年に社会人になりました。翻ってイチローのプロ野球人生は1991年に始まっています。そのイチローは昨日45歳で現役引退を宣言し、たくさんの報道陣を前に今までのイチローとは異なる印象を伴って会見をしました。

もっとみる

ヘルスケアデバイスの到達点「アップルウォッチ」

シリーズ2からアップルウォッチを使い始めて、機械式時計をまったく使わなくなってしまったことは既に書きました。その理由は生体モニタリング機能の充実によって、自分の身体と健康状態の見える化がほぼ可能になったことです。
自分の身体と健康状態を数値で把握することは、適切な体重の維持をはじめとする自己管理の基本だと思うわけです。現在、ぼくが使用しているアプリケーションとデバイスを整理しておこうと思います。

もっとみる

都心に住むべき理由

「都市の快適居住学」という本がある。著者の宮脇檀(みやわきまゆみ)氏は建築家。この本以外にももちろんたくさんの著作がある。あまり固定的な見方はよくないと思うが、農村型居住形態を離れよう、という意志を感じる。

実際、日本の都市は寺社や御城を核とした「拡散型」がほとんどだと僕も思っている。それに対して、欧州の諸都市は城壁で囲われた都市国家。城壁の中に住む「市民」はそれに誇りを持ち、城壁の外に住む農民

もっとみる

時間軸を意識してコミュニケーションする

新年あけましておめでとうございます。本年もマーケティングを通じてより幸福で暮らしやすい社会を創ることに貢献していきたいと思います。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

さて新年早々にとある企業広告が批判の対象になっています。その広告とは西武・そごうによる「わたしは、私」というものです。

広告コピーやその演出方法など、多く方々のテキストがこの広告について賛否両論を展開しています。ぼくもこのコピー

もっとみる