新マガジントップ画像2

2-8.チューナーとメトロノーム、チューニング

ピッチを合わせる、ということ

吹奏楽の世界は取り憑かれているのかと思うくらいピッチ(=周波数)にこだわりを持ち、そして混乱しているように感じます。

もちろん、複数の奏者が奏でる音のピッチの誤差があればあるほど、その演奏を聴く人にも、演奏者本人にもストレスが生まれて「美しさ」からかけ離れます。ですから、ピッチは安定していたほうが良いのは当然です。

しかし、そのピッチを合わせる方法や考え方が問題です。多くの場合このように見えます。

「ピッチを合わせるためにピッチを合わせている」

チューナと対峙し、自分の出した音を正解か不正解かジャッジされているかのような使い方。合わないと安直な方法でピッチを捻じ曲げ、強引に正解に導こうとします。
これをすると「正しい発音原理」、要するに「トランペットとはどのように音を出す楽器なのか」という根底が崩れ、音色は悪くなり、コントロールは不自由になり、それでもなお続けていくとコンディションが悪化して吹き方そのものがわからなくなります。

安定したピッチを求めていて、調子を崩していたら本末転倒です。


物事は、その根っこや核になる部分がどこにあり、何なのか、そしてどうなっているのかを見抜くことが解決への糸口です。そして、望んだ結果に繋がるために何をどうすれば良いのかを地道な研究と実験を繰り返すことで見つけていくのです。
しかしこれをいちいち全部自分で行うのはとても大変なことですし、時間もかかります(私は20年かけて様々なことを見つけてきました)。そこでレッスンを受けたり、様々なところから情報を手にいれることになるわけで、この「技術本」はまさにそのデータバンクのような存在です。


ピッチの正しい合わせ方

では、具体的にどのようなアプローチでピッチを安定させれば良いのでしょうか。

この続きをみるには

この続き:4,052文字/画像3枚

2-8.チューナーとメトロノーム、チューニング

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

ありがとうございます!
2

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

テクニック本【第2章】

技術本の「第2章 —基礎的な技術を身につけよう—」のマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。