自分責めの三重苦 〜 結局ポリアモリーのバチが当たったのか 全部おいらが悪いのか

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

結局昨日の続きを書くことにした。

昨日の記事はこちら

一本書いてしまったら、もう二本も三本も変わらない感じになってきた。

昨日はこの半年間に起こったことについての全体像を書いたわけだが、今日はそもそも何がどうなってそうなったのか、ということについて。

この件については、僕と妻で当然意見や主張が違うだろうし、別れた彼女も僕とは違う想いがあって当然だと思う。

なので、これはあくまでも僕の主観であり、全員の総意ではないことを、最初に強調しておきたい。

さて、やはり今回の問題の出発点はポリアモリー宣言ということになると僕は思っている。

この続きをみるには

この続き:3,162文字
記事を購入する

自分責めの三重苦 〜 結局ポリアモリーのバチが当たったのか 全部おいらが悪いのか

立花岳志

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

31

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

何度も読み返しました。僕は初めてたっちーさんの講座に会いに行ったのも7月半ば。あの頃から、いろいろあったのですね。
セミナーで7月にお会いした時にこんなことになっていたんですね。
ポリアモリーってやっぱり現実的には難しいのかも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。