独身とテストステロンの関係性

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

僕は20代後半で激太りをして105kgの肥満体となり、40歳前後で肥満を脱出してスリムなカラダを取り戻した。

なので、「二度とあのときの太った状態に戻りたくない」という想いが最初は強かった。

そこで、運動、食事、栄養、睡眠など、カラダを整えることをどん欲に学んだし、お金も時間も投資して、知識と教養、それに経験を積み上げてきた。

なので、自分のカラダでいま何が起こっているのかとか、何をどうすると、カラダがどうなるのか、みたいなことは、ひととおり知識として分かっているし、カラダの声、つまり細胞の声を聴くことも、恐らく普通の人よりもずっと良くできるようになっているという自覚がある。

そんな僕が最近面白いなぁと感じているのが、独身になって以降の「テストステロン」の分泌量の変化だ。

別に専門機関でテストステロンの濃度を計測してもらっているわけではないので、あくまでも体感覚の話しなので、笑って読み流して欲しいのだが、体感覚として、かなりの変化がある。

この続きをみるには

この続き:1,697文字
記事を購入する

独身とテストステロンの関係性

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。