やり方とあり方は両方鍛えて接続する必要がある

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

今週は僕と妻の彩ちゃんが共同開催している、「ツナゲル ライフ インテグレーション講座」ウィークだ。

水曜と木曜が1期アドバンス、そして今日と明日が11期ベーシックの、ぞれぞれ第4講だ。

ベーシックもアドバンスも5ヶ月間、それぞれ2日間、合計10日間の長丁場の講座で、設計、主宰、登壇している僕たちも気合いが入るし、受講してくれる皆さんも超前のめりで楽しい。

「ツナゲル ライフ インテグレーション」の意味は、「人生の統合」だ。

僕らの会社は「株式会社ツナゲル」で、経営理念には、「左脳と右脳の統合」や「身体と心の統合」、「理性と感性の統合」など、統合がテーマになっている。

この理念が出てきた背景には、僕自身が「やり方」だけを追求して、とても苦しんだ経験がある。

今日はちょっとそのことについて書いてみる。

この続きをみるには

この続き:1,973文字
記事を購入する

やり方とあり方は両方鍛えて接続する必要がある

立花岳志

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。