見出し画像

デュアルライフ終了から二週間たって想うこと

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

麻布と六本木と鎌倉の拠点を全部クローズさせ、海のそばの鎌倉新居一ヶ所に定住して2週間がたった。

その間一泊だけ金沢に出向いたが、東京は乗り換えただけで素通りだったので、引っ越し後まだ一度も東京には行っていない。

そして、2年9ヶ月というなかなかの長い期間多拠点生活を続けていたので、ひさしぶりの定住である。

ずっと行ったり来たりの生活をしていたので、まだちょっと慣れない感覚があるのだが、このあたりで一度感想を書いておこうかと。

まず大きな変化として感じることは、「時間がゆったりしている」ということ。

今は講座やセミナーも企画していないからというのもあるのだが、とにかく時間に余裕がある。

毎日執筆は続けているし、まだ新居が段ボールだらけで落ち着かないので、バタバタはしているが、それでも時間に余裕がある。

最大の理由は、やはり移動と移動の準備の時間がなくなったということだろう。

この続きをみるには

この続き:1,557文字
記事を購入する

デュアルライフ終了から二週間たって想うこと

立花岳志

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

立花岳志

作家・ブロガー・カウンセラー。ブログNo Second Life運営。六本木と鎌倉のデュアルライフ実践中。noteにはブログに書けない「ライフスタイル」「お金」「パートナーシップ」を中心に有料コンテンツを配信。

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。