射的の景品と引き寄せの法則

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

大阪→名古屋→大阪の出張から戻ってきた。

最初の2日はセミナーのため、あとの2日は今後のビジネスの打ち合わせのための出張。

3日目は昼はフリーで、夜に翌日ご一緒させていただく方たちとの会食。

ビジネスといっても、肩肘張らない仲良しとの会食だったので、リラックスモード。

僕は名古屋から午後に先に大阪入りして、会食をどこにしようかという調整をメッセでした。

結果、ご一緒するお二人が「新世界」で「串かつ」が食べたい、ということで、通天閣を眺め、そのあと「だるま」で串かつをおなかいっぱい食べた。

食事のあと、ぶらぶらとジャンジャン横丁を歩いて新今宮駅まで戻ることに。

残念ながら、祝日で、しかも夜10時を過ぎていたため、ジャンジャン横丁のお店や将棋会館はほとんど閉まっていて、いつもの活気は感じられなかった。

それでも怪しい喫茶店やインベーダーゲームが置いてある昭和のまんまのゲームセンターなどが開いていて、ワイワイ楽しみながら歩いた。

そして、一軒の射的屋さんが営業しているのを見つけた我々は、童心に帰って射的にチャレンジすることに。

射的なんかやるのは30年ぶりくらいじゃないか?

この続きをみるには

この続き:1,887文字/画像3枚
記事を購入する

射的の景品と引き寄せの法則

立花岳志

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

立花岳志

立花岳志のブログに書けない本当の話

作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が、自ら実践している六本木と鎌倉のデュアルライフ、妻と恋人のマルチ・パートナーシップ(ポリアモリー)、そしてサラリーマン時代の6倍以上を稼ぐようになったワークスタイルなどを綴ります。 月額1,000円読み放題なので、単独記事で購入いただ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。