見出し画像

Moon, Colon, and Me

Let's Talk About Colon

    今朝、ハワイ島のmika moonと電話をした。終わったら朝じゃなかった。去年のハワイ島で共に過ごした時間について、恋について、白魔術について、星を読むひとについて、老いについて、住む場所について、親について、色々な話をした。もちろん、腸についても、たくさん話した。そして、ぼくたちは、腸のはなしをしていこう、ということになった。そういうわけで、いまここにこんなことを書いている。写真は昨日の夜、さいたま市の我が家のベランダから撮ったスーパー・ブルー・ブラッド・ムーン。2017年10月、この満月のような綺麗な赤い謎の物体が、ぼくの腸から出てきたことをきっと忘れることはない。コロン・ハイドロセラピーの魅力/魔力/威力に、ますます腸の世界に、ハマった。

Hi, My Name is...

    こんばんは。あるいはおはよう。もしくはこんにちは。hear colon teamのkentaroです。フリーランスでタイ古式マッサージ、チネイザンのセラピストをしています。ukiwaという屋号で、出張、出店、リトリートで神出鬼没な活動をしていますが、ベースとして、さいたま市で自宅サロンを営んでいます。2018年2月1日現在、満32歳。腸の不思議と出会ったのは、7年前、オレゴン州ユージーンでのこと。当時、mika moonが住んでいた家でコーヒー・エネマを初体験したのが、すべてのはじまり。それから紆余曲折を経て、いまここで腸の代弁者(変換ミスではありません)となっていこうと思うほどに、超不思議な腸に、ハマっております。2017年10月、Let's Go Back To Zero: デトックス・リセット・リトリートの第1回をmika moonのサポートのもと、ハワイ島プナにて開催。ひと言でいうと、腸に首ったken。奥が深く、まだまだわからないことがたくさんある腸について、感じてきたこと、不思議に思うこと、体験してきたことをこのプラットフォームに還元していけたらと思っています。あまり気張らず、徒然なるままに綴っていきますね。

Original Self

    腸には、いろいろ詰まってます。いろいろな意味で。ほんとに面白い。そのいろいろの中に、本当の自分、大元の自分、「オリジナル・セルフ」とでも呼びたくなるそのなにかへと通ずるドア(もしかしたら鍵も、かも)がある気がしてます。割と確信的に。オリジナル・セルフ。宇宙と呼んでもいいかもしれない。「気のせい」の延長に、それはあるかもしれない。理屈では計り知れない、でも嗅覚が、触覚が、味覚が、聴覚が確信する、腸=核で醸される何かがある。それが、とっても気になります。
    hear colon teamが発信することに、「ん?」と思うこともあるかもしれません。そんな時こそ、自分の日々の暮らし、体感、知識、過去の体験と照らし合わせながら、面白がって読んでくれたらいいなぁ。ひとりでも多くのひとに、hear colonを、腸を、そして人生を、たのしんでもらえますように。答えを探しにくる場所では、ありませんここは、きっと。違和感をたのしむ。自分が揺さぶられるのことを、たのしむ。見えない世界、見えないけど、なんとなく確かな世界を感じるきっかけになれたら、とっても嬉しいです。

1/2/2018

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
チネイザン(気内臓療法)、タイ古式マッサージのセラピストさいたま市大宮区で営むサロンukiwaを中心に、出店・出張で各地で活動2017年よりハワイ島プナでmika moonとのコラボレーションでチネイザン×コロンハイドロセラピーのリトリートを不定期開催
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。