なんかよくわからない感覚は、大切にしよう。

先日、けんすうさんとチャットしていて。リシャール・ミルという腕時計の話をしていたのですが、このブランド、わけがわからないくらい高いんですよ。安くて1,000万円代前半ですかね。

スタイリッシュなドレスウォッチでもないですし、普通の人からしたらおもちゃにしか見えないと思うんですよ。しかし、けんすうさんは「よくわからないけど、いい」って言うんですよ。

僕は腕時計に全然興味がなかったのですが、30歳の誕生日にIWCをいただいてから、結構興味を持つようになったんです。危険な趣味ですね。昨年、大人になってはじめて自分で腕時計を買ったんです。パテック・フィリップという王道的なやつです。300万円だったんですが、僕の価値観では「いやいや、パテックは40代になってから。まずはカルティエのタンクあたりからいこうかな」とはならないんですよね。高い買い物ですから、かなり悩みましたよ。ピアジェと悩みましたね、シンプルなのが好きで。

腕時計に興味がない時代の僕からすると、iPhoneでいいわというわけで、時計を300万円で買うなんて狂気の沙汰です。いわんや、リシャール・ミルをや。です。

しかし、こういう高級腕時計を持つ人の感覚ってどういう感覚なんだろう。それがすごく気になってそそられたんですよね。リシャール・ミルのオーナーって一体何を考えているのだろうかって。リシャール・ミルのオーナーのインタビューをまとめた本を最近読んで、藤田さんや熊谷さん、見城さんがハマっているというのを知りました。

このnoteを読むほとんどの読者には、1,000万円を超える腕時計など狂気の沙汰しか思えず、わけがわからないことでしょう。少し前の僕もそうでした。しかし、わけのわからないものをどのように捉えるのかが、その人のセンスを形成していくと思います。

わけのわからないものを、自分には関係のないことだと思い、わけのわからないままにしておくのか、理解しようと努力するのか。

わけのわからないことって、人生でたまに遭遇する機会があります。僕も過去にはたびたび「ああ、わけわからんから、どうでもいいや」って思っちゃったことが少なからずあります。しかし、それではいけないのだと最近思うようになりました。

人生、わけがわかることばかりであるほど、単純ではありません。複雑さの中にこそ、真理であるとか大切なものが眠っている気がします。スタートアップ業界に言い換えると、メタップスとか僕の中ではわけがわからない銘柄でした。しかし、それをわけがわからないと片付けるのではなく、理解しようとする姿勢が大切なのです。

「いやぁ、わけがわからないよ」とたまにカッコつけた風に語らう人がいますが、それはカッコよくはありません。ただの逃げですよね。わからないなら、体験できることは、まずは体験してみたほうが良いのではないか。

冒頭に戻って、けんすうさんの「なんかよくわからないけど、いいっすよ」というのは直感であり、ノーロジックです。このノーロジックで、良し悪しを判断できる感覚が、AI化が進む世界において、相対的に今後ますます重要性が高まっていく気がしています。ロジカルなものはAIで算出できたりするわけですが、ノーロジックな直感的なものはAIが必ずしも正しい判断を導き出せるわけではありません。

他人からたまに「わけがわからないよ、アホなの?」と言われることがあるかと思いますが、それは「アホなの」と言っているほうが馬鹿です。わけがわからないのに、アホと決め付けているからです。ロジックがしっかりあって、その意見や思想が要領を得ない、ないしは間違っている場合は「アホ」と言い切って良いでしょう。

わけがわからないものを、安易に判断してはいけません。わけのわからないものは評価が定まっていないことも多く、後々大当たりすることもあります。

だからこそ、よくわからない感覚。自分の中で結論がすぐに出ないもの。そういう曖昧さや、よくわからないんだけど、好きとか嫌いとか。その感覚、すごく大切にしたほうが良いと思います。

*写真はリシャールミルではなく、僕のパテックです。博多のスタバで撮影。1本買ったことによって、少しは理解できるようになりました。前進ですね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

ポッ ○´・ω・)(・ω・`○
83

梅木 雄平

Day by day.

日常とか、気づいたこととか。 フリーな感じで書いてます。
1つのマガジンに含まれています

コメント6件

そのうち趣味でアンティークで1本欲しいかも。
なるほど。
だれでも買える的な感じですね。
周りがわりと持って自慢してるけど、私にはピンとこなかったので。
他人がわけがわからないといっても、自分の波長に合う物を身につけたいと思ってます。
恋愛もそうなのかもしれないなと思いながら読ませていただきました。理由がわからないけれど「スキ」みたいな。
医療系ですが、工学者関係の学会に参加したとき、”AIは2045年に人間を超える”が講演のテーマになっていてびっくり、恐怖とか思いましたが、このノーロジックをAIは超えられない、という考え、素敵ですね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。