マネーフォワード直近時価総額200億円などFinTech系を中心とした資本政策8選

好評の資本政策シリーズ。今回は、2017年年内上場の噂が出たマネーフォワードを中心にFinTech系スタートアップを主にお届けします。

参考までに過去分はこちら。

今回の対象企業は下記。

<FinTech(会計)>
マネーフォワード
freee
A-SaaS

<FinTech(決済)>
AnyPay
Kyash

<メディア(動画)>
OPEN8
TABI LABO

<EC(レンタル)>
ラクサス

マネーフォワードとFreeeの直近valuationは約200億円と350億円です。

注記:本稿のデータは全て公開情報である登記簿謄本より情報を整理したものです。

資本政策フォーマットは上記過去記事を参照ください。

<梅木のクラウドソーシングがなんと月額3,000円!>

このnoteは単品でも1,500円で販売しますが、未上場企業の資金調達情報を月2本+海外VC最新投資動向月1本+IPO銘柄分析記事+資本政策紹介記事をたまにお届けする、月額マガジン「ウメキワークス」は3,000円です。

マガジン購読者には資金調達情報のgoogle docs閲覧権限も共有。ご購入の方は下記情報を梅木までFacebookメッセージで。ちなみに起業家の購読者が多く、個人会員は250名を突破。こちらをクリック。

☆データ閲覧希望の方
note購入ID名:
メールアドレス:
TheStartupやnoteなどへの感想

注記:今回紹介する資本政策は、ウメキワークスのgoogle docsで「資本政策シート」にまとめられています。月額マガジン購読者はdocsを見ると、より詳細な情報を閲覧できます。

【マネーフォワード:直近時価総額199億円、累計調達額44.3億円】

以下有料です。

この続きをみるには

この続き:4,361文字/画像9枚
記事を購入する

マネーフォワード直近時価総額200億円などFinTech系を中心とした資本政策8選

梅木 雄平

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただき、ありがとうございます!サポートは希少なのでとても嬉しいです^^

もう「スキ」してくれないと、記事書かないんだからっ!
5

梅木 雄平

スタートアップ資金調達データベース:ウメキワークス

2016年2月創刊。 国内案件の最新資金調達情報を梅木独自コメント付きで紹介していきます。ジャンル別資本政策、ネット系IPO分析、上場株の話題も。2018年実績では月間平均5-6本発行。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。