FUNDING FACTBOOK 「株式会社22」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。

この記事では、2019年1月22日に資金調達を発表した「株式会社22」の資金調達内容について取り扱う。

1.株式会社22について

株式会社22は、2018年11月2日に設立された会社で、海外のシェアハウスを自由に使えるサブスクリプショ

もっとみる
とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
8

FUNDING FACTBOOK「株式会社dreamstock」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。

この記事では、2019年1月22日に資金調達を行った「株式会社dreamstock」の資金調達内容について取り扱う。

1. 株式会社dreamstockについて

2017年7月3日に設立された株式会社dreamstockは、ユーザー自

もっとみる
とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!

新規上場の基準(形式基準)Part2

時価総額というものが上場の基準として各市場に設定されていますが、これは「株価×発行株式数」で計算されます。東証一部は250億円以上、東証二部は20億円以上となっていますが、マザーズは10億円以上、JASDAQには基準はありません。本則市場に比べてかなり低い条件となっています。

事業継続年数という基準もありますが、本則市場は3年以上なのに対して、マザーズは1年以上、JASDAQにはこの基準もありま

もっとみる

【記事感想】J-Kiss、注意。

基本的に投資家は将来の調達によって自分たちの持分(%)がどこまでDiluteするものなのかを資本政策表によって確認、予測します。それ故に以前の投資がJ-Kissの様な新株予約権で入っていると、転換時に自分たちの持分がどこまでDiluteするのかが計算しにくくなりますので株での出資がしにくくなります。

記事元:<エンジェル・シード期>J-Kissの最大注意点

難しい…

この記事は、そもそも「J

もっとみる

注目のD2Cスタートアップ資本政策8社

先月の資本政策・農業編での予告通り、今月はD2C編をお送りします。

ウメキワークスの過去記事では資本政策記事だけで15記事ありますので、ご参考までに。各調達ラウンドのバリュエーション、株価推移などを記載しています。

D2Cに関しては2019年に入ってからシード・アーリーステージでの調達も増えてきており、SaaSやAI、ロボットなどB向けトレンドが続いた中での、久々のC向けトレンドともいえます。

もっとみる
「スキ」だけじゃなく、twitterでシェアしてくると嬉しいな...
12

なぜYahoo! と対立しているアスクル株価が上昇?〜2つの仮説〜

みなさま、こんにちは!エコノミストの崔真淑(さいますみ)です。おかげさまで、初めての著書「30年分の経済ニュースが1時間で学べる」に続いて、2冊目が観光されることになりました!8月初旬に「日常が学びに変わる経済学者の本」が発売されます。また、東証一部シーボン社での社外取締役業務、学術活動も励まさせて頂いてます。いつもありがとうございます!

今回は、学術分野で私の専門でもあるコーポレートファイナン

もっとみる

FUNDING FACTBOOK「株式会社ヴェルト」

「FUNDING FACTBOOK」では、資金調達ニュースの対象となった非上場企業の調達情報を、登記簿謄本を確認し、その調達内容を詳細にスキームまで解説する。

この記事では、2019年1月21日に資金調達を発表した「株式会社ヴェルト」の資金調達内容について取り扱う。

1. 株式会社ヴェルトについて

2012年に創業した株式会社ヴェルトは、IoT製品・サービスの開発・販売を行う会社だ。

20

もっとみる
とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
3

FUNDING FACTBOOK「株式会社VALU」

この記事では、2019年1月21日に資金調達を行った「株式会社VALU」の資金調達内容について取り扱う。

2016年12月5日に設立されたVALUは、2017年5月に発表したSNS「VALU」で注目を集めたスタートアップだ。
VALUは、個人が疑似株式(VA)を発行するという評価経済社会の文脈に沿ったサービス内容や、当時市場が加熱していたBitcoin(BTC)により取引が行われる点など、リリー

もっとみる
とても嬉しいです。よろしければシェアもお願いいたします!
4

Nothing is certain but death and taxes.

※以下はAoyama Capital Researchに掲載した文章です。脚注・出典はAoyama Capital Research上で閲覧することができます。

 日本の大企業が、有能な技術者の年収を上げ始めている。

 6月2日にはソニーがデジタル人材の給与水準を最大2割増し730万円にする制度の導入が報じられた。また7月9日にはNECが新卒に年収1,000万超を払う制度を導入するという記事が

もっとみる

ベンチャー企業は、いつ資金調達に向けて動き始めるべきか(2/3)

前回、ベンチャー企業は、資金調達に向けて動き始める場合、実際の入金まで半年前後かかる点を考慮する必要があると書きました。今回は、この点を踏まえて、実際にどのタイミングで資金調達に向けて動き始めたら良いのかを考えてみましょう。

資金調達に向けて動き始める際、考慮すべき要素

資金調達に向けて動き始めるタイミングを決定する際、考慮すべき要素は、(1)残キャッシュ金額、(2)事業の状況、(3)市場環境

もっとみる