見出し画像

スティサート師の説法~修行は気づきを高め、自分を感じるために(6)私たちも皆、気づかずにはまりこんでいたことがあるんです


今、新しい説法を訳しています。


登場いただくお坊さまは、

スティサート・パンヤーパティポー師。


森の寺スカトー寺の副住職であり

今私が家族と住んでいる

ウィリヤダンマ・アシュラムでも修行されています。


まだ40歳とお若いスティサート師ですが

すでにお坊さま歴18年。


スカトー寺先代住職のカムキエン師、そして

現住職のパイサーン師の元で学び

カンポンさんともとても親しく

中国への瞑想指導にご一緒に行かれたことも。

次なる時代を担う素敵なお坊さまです!


わかりやすく丁寧な瞑想指導をしてくださると

評判のスティサート師。


この説法は、定期的に瞑想会をされている

バンコクにある「タンマディールンロート」

という場所で行われた瞑想会でのものです。

説法のテーマは

「修行は気づきを高め、自分を感じるために」

第6回めの今日は

「私たちも皆、気づかずに

 はまりこんでいたことがあるんです」

としました。

昨日の最後の部分での

カムキエン師のメッセージ。

「聞こえてくる音はすべて、お経です。                                              見えてくる姿はすべて、ブッダです。                   どこにいても、涅槃があります」

この意味を深く

考えていきます。


この説法の様子は、以下のyoutubeの動画を

訳したものですので、

どうぞ雰囲気も感じられたい方は

ご一緒にご覧くださいね。

この記事は、継続有料マガジン

「月刊:浦崎雅代のタイの空(Faa)に見守られて」

内の記事で、継続購読すると月500円で読めます。

単品で100円でも読めますが

毎日アップしていきますので

継続購読がお得です。

もしよかったら、こちらのマガジンをご購読

よろしくお願いします!


この続きをみるには

この続き:3,380文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
月額継続マガジン、2019年2月から6月までにアップされた51記事が含まれています。継続マガジンを読み逃した方は、ぜひ! 個別記事を全部買うと5100円ですが、まとめて1500円で。

スカトー寺副住職のスティサート・パンヤーパティポー師。 彼の説法6つ(51記事)をまとめたマガジンです。 気づきの瞑想で陥りがちなポイ...

または、記事単体で購入する

スティサート師の説法~修行は気づきを高め、自分を感じるために(6)私たちも皆、気づかずにはまりこんでいたことがあるんです

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援やサポートをいただくたびに、これからも翻訳や執筆を続けていこう!と励まされています。

サティ!
24

浦崎雅代(Urasaki Masayo)

翻訳家。タイ仏教(主に森の寺スカトー寺関連)の説法を翻訳して毎日お届け。(お坊様方からは邦訳許可、及び翻訳料としてnote収益を一部頂くことを了解済)タイ東北部ウィリヤダンマ・アシュラムに家族で移住。カンポン・トーンブンヌム『いのちの最後の授業』(サンガ)を翻訳出版ほか。

気づきの瞑想実践で迷ったらコレ!スティサート師の説法マガジン

スカトー寺副住職のスティサート・パンヤーパティポー師。 彼の説法6つ(51記事)をまとめたマガジンです。 気づきの瞑想で陥りがちなポイントを的確に、痒いところに手が届く珠玉の説法。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。