目醒めーSLE(全身性エリテマトーデス)という難病とともに生きて(2)

<1991年の夏>

 時は26年程さかのぼり、中学2年生だった私は、祖父母の家に帰省して、一日中、海で素潜りをしていた。おそらく多くの昭和世代の男兄弟育ちの次男が同じ経験をしているだろうが、私には運動狂いの3歳上の兄がいて、この兄と行動を共にしていた少年時代は、ほとんど自分の意思など無視されて、完全に主導権、いや支配力を持たれていたので、こう言った磯遊びも基本的にはペースをコントロールされていた

もっとみる

目醒めーSLE(全身性エリテマトーデス)という難病とともに生きて(1)

<序文>
 一介のサラリーマンである私が、自伝的手記を纏めるなど、おこがましい事とは思いながらも、到底普通では考えられない稀有な体験をした事も事実であり、それが、何処かで誰かのためになるならば、公開する意味もあるのではないかと思い、ここに掲載することにした。

<2017年11月1日 水曜>
 私は、会社からの帰路をマイカーで運転する途中、左胸の急激な痛みを感じ、側道に車を停めた。その痛みは、それ

もっとみる

赤と青は正反対と聞いて

いや、青の反対はオレンジなんですけど。

と言いたいのに言えなかった。

画像1. Wikipediaより引用
(https://en.m.wikipedia.org/wiki/Tertiary_color)

上記はいわゆる色相環と呼ばれるもので
色相の総体を順序立てた後、環にして並べたものだ。(その名の通り)

色相環では捕色は反対の位置に設けてある。
先程の画像を見れば、青の捕色はオ

もっとみる

風の恵み

・・・風・・・

我が家の周りでは、次々に高層マンションが建ち始め、犬の散歩をしていると、え?!こんな狭いところにマンションなんて建てられるの??? なぁんて思うこともしばしば。そしてしばらく観察していると、どんどん工事が進み、あっという間に完成していく。

あんなに早く建てれるんだぁって、いつも不思議に思う。耐久性は大丈夫なのかな。

おかげさまでビル風っぽくなってきて、お天気が良くても、とんで

もっとみる

小学生の男の子二人、横断報道を渡っている。よくよく見ると、一人は傘を引きずって歩いている。こりゃ大変だと自分の傘を渡そうと思ったら、突然その子は履いている靴を脱いだ。壊れた傘を引きずりながら、裸足で歩き始め、水溜まりに足を浸して遊んでいる。その自然な行動を今の私はできるだろうか。

おめでとうございます!ぷんにゃ(徳)ポイントGETです🌟
1

道端に転がるプラスチック容器

私が拾っても世界は変わらない。
そう思いながらも、一度足を止める。

小さな蟻が、カフェラテのカップにへばりついている。

ゾワッと肌が粟立ち、目をそらして通り過ぎた。

私が拾っても、世界は変わらない。

だけど、私は後悔するだろう。

そう思い直し、来た道を戻る。

なるべく底の方を持ち上げ、急いで近くのゴミ箱に捨てた。

「善」い行いをする時に、自分の気持ちの変化に着目することは重要だ。

もっとみる

TEFCASサイクルについての気づき

以前から名前を知っていたけど、イマイチぴんときてなかった「TEFCASサイクル」について。
最近、考える事の多い「志の教育」「ゴールを考える」「未来志向」などから、習慣化する時のTEFCASサイクルについての気づきを書いてみます。

T=trial
E=event
F=feedback
C=check
A=adjust
S=success

各ポイントを簡単に…

1. trial=まずはやってみ

もっとみる

責難、有事にあらず

自分のみっともない姿に愕然とした昨日。

緊急事態でも、ハートで決断して、行動できる大人になれますように・・・

昨日は、嫌な驚きの連続・・・(笑)。

まず、ポストに「騒音気をつけてね」お便りが。

これ、気になっていたことだったので、ドキッとした。我が家の犬、チャイムがなると、そして、子どもたちか帰ってくると、うるさいんです。どうしよう、どうしたらいいんだろう、と悩んでいた矢先のこと。

この

もっとみる

自由に過ごした6月から【充実する7月】へ

以前、↑をアップしたけど、6月も残り一週間を切ったところで、実際はどう?という振り返りを。

○6月にやったこと(☆については後日、詳しく書きたい)
☆娘の誕生日をお祝いした(2歳になりました)
☆成形パンに初挑戦した
☆メルちゃんグッズを手作りした(お布団や抱っこ紐など)
☆バレットジャーナル本を読了(7月から作ってみたい)
・いつもより読書した
・少しだけ自分のものを整理整頓
・絵本の読み聞か

もっとみる