見出し画像

これ以上、生きる上で何を望むんだ。

昨日の朝、電車の中でニュースをチェックしていると内田也哉子さんの謝辞が目に留まった。

混み合う車内は身動きが取れず、流れ出す涙を拭うことも出来なかったが、最後まで読まずにはいられなかった。


昨日は太陽と月が牡羊座に並ぶ『始まりのはじまり』の新月。しかしちょうど重なり合う時刻は夕暮れ時であった。

人生の節目を迎えている人も、そうでない人も、この春の出会いから新たな関係が始まっていったり、これまで付き合いのあった人達との『関係』が刷新されていく今は、職場の面々やプライベートの仲間が入れ替わったり、ただの知り合いが親友と呼べるように変化していくこともあるタイミング。

人との『関係』の最たるものである、家族との関わり方が変わっていく人もいるだろう。

也哉子さんの謝辞がこのタイミングで読まれたことは、とても意味深い。

親子には切っても切れない結びつきがあるとは言うが、でも、もしかしたらそれは人間が作り出した幻想で、始めからそんな結びつきなんてものはないのかもしれない。

だからこそ大切にしなければならない。

しかし断ち切ってしまった方がどんなに良いだろうかと思わずにはいられない『腐れ縁』もある。

昨日の夕暮れ時の新月は、
「今までのことを終わらせて次へと向かいたい。でも、もう日も沈む。今はまだこのまま胸に抱いて眠ろう。」そんな感じの新月のコンティニューをした人もいたかもしれない。。

也哉子さんの謝辞にはこんなくだりがある。

今更ですが、このある種のカオスを私は受け入れることにしました。
まるで蜃気楼(しんきろう)のように、でも確かに存在した2人。私という2人の証がここに立ち、また2人の遺伝子は次の時代へと流転していく。この自然の摂理に包まれたカオスもなかなかおもしろいものです。


人には、自分の力だけではどうすることも出来ないことがある。

どんなに生活が変わろうとも忘れる事が出来ない過去、どんなに願おうともチェンジすることが出来ない血の繋がり。

そうした断ち切ることも、対峙することも出来ない『ある種のカオス』から抜け出る為の方法があるとすれば、それは『カオス』を受け入れること。

それは自分だけで容易に出来ることではない。

だからこそ、この言葉が沁みる。

地位も名誉もないけれど、どんな嵐の中でも駆けつけてくれる友だけはいる。
これ以上、生きる上で何を望むんだ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ピピッとキャッチした時しか発信しませんが、マガジン『宙のはなし』登録もぜひ!

ありがとう╰(*´︶`*)╯♡
68

鈴木ワカナ

占星家。子育てママと子どもの為の『星を読む子育てコーチ』メンバー。天体の動きを通して日々感じること、母としてココロが動くことを占星術を知らない人が読んでもフムフムと思えるように書いています。

宙のはなし

ピピッとキャッチした時に『宙の動き』を発信中。当てる占いではなく「なぜ今こんな心境なのか?」を読み解く星読みです。
2つ のマガジンに含まれています

コメント4件

血を超えた、輪廻を超えて繋がる縁もあると思います(´ー`*)ウンウン今願うのは、そんな目に見えない本当の繋がりなのかなぁと( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
ワカナさんとのnoteでのお出会いも、タイミング良すぎて驚きなのです((´艸`*))
望美さん。
いつもありがとうございます😊
見えない『縁』って感じることありますよね。

これからの時代は『和』を大事にすること、「和をもって尊しとなす」の本来の意味が未来を生きる鍵になります。でもこの言葉は確か聖徳太子の言葉だったような?

どんなに時代が変わろうとも人との関わりが大切ってことなんですね。

これからもよろしくお願いします(^з^)-☆
なんだか涙が出ちゃったドグ。
山田スイッチさん。
身に沁みますよね。。(*´-`)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。