amazon、twitterで工作疑惑

Amazon FC Ambassadorsプログラムと呼ばれるアマゾンの「プロパガンダ戦略」が批判されている。Amazon FC Ambassadorsプログラムはアマゾンの倉庫で働いていた労働者がTwitterを介して会社で働いた経験を共有するアマゾンのPR戦略プログラムだ。しかしこれが Twitterで炎上を招いたようだ。

https://www.nytimes.com/2019/08/15/style/amazon-fc-ambassadors.html


あるtwitterユーザーがAmazon 公式アカウントに倉庫の労働環境にたいして批判的なツイートをしたとたん「(Amazonの)フルフィルメントセンターを訪れて倉庫が実際にどんな状態なのかを確認する」ように提案するFCアンバサダーアカウントがわらわら現れ始めたのだ。 彼らが一斉にアマゾンに擁護的なトーンでtwitterの発信を繰り返したため、Twitter民からは「大量の偽TwitterアカウントでAmazonがプロパガンダしてるぞ」と炎上しはじめた。 しかもそのアカウントの一部は過去に名前を変更したりしてたため、疑心をさらにまねいた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

watchdogjp

#海外ビジネストレンド 日本であまり報道されてないビジネス系海外記事を紹介してます。

ecomerce

ecomerce領域の業界ニュースをキュレーションします
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。