見出し画像

レアグルーヴの代名詞ノーマン・ジェイ。その濃密なDJ人生について大いに語ってもらった。

ノーマン・ジェイがいなければ“レアグルーヴ”という単語も、アシッド・ジャズも、ロンドンから発信されてきたクラブ・カルチャーも存在しなかっただろう。幼少期からDJに興味を抱き、70年代からニューヨークに通って、かの地のクラブ・カルチャーを体感した彼は、ヨーロッパ最大のストリート・フェスティバルであるノッティングヒル・カーニバルで伝説的なサウンドシステム、Good Timesを立ち上げた。

Rare Groove Master

Norman Jay

レアグルーヴを極めたDJ

 80年代には海賊放送番組『The Original Rare Groove Show』で入手困難なブラック・ミュージックの公布活動をしながら、クラブ・プロモーターとしてニューヨークの最新のハウスDJやシンガーをイギリスに招聘し、90年代に入るとジャイルス・ピーターソンとレーベル、Talkin’ Loudを創設。パイオニア的な存在の彼は、2002年にエリザベス女王から直々にMBE勲章を授与された。DJとしては初の快挙である。

あなたの子供の頃について教えてください。

 ロンドンのノッティングヒルに生まれた。両親はグレナダ(カリブ海の小アンティル諸島南部に位置するイギリス連邦加盟国)の出身だよ。とても音楽的な家庭で、兄弟はみんな楽器を演奏していた。子供の頃から私はレコード・プレイヤーに興味があったんだ。ヴァイナルをレコード・プレイヤーで再生して、スピーカーから出てくる音に魅了されていた。7歳か8歳のときにDJを始めたけど、60年代だったから、父親のターンテーブルで初期のレゲエ、スカ、Blue Beat、Motown、Stax、マイルス・デイヴィス、サミー・デイヴィスなどをプレイしていた。

 私が初めてDJとして出演したイベントは、いとこの10歳の誕生日会だ(笑)。レコードをたくさん持っていたからDJを頼まれたんだ。父親の影響もあって、子供の頃から私は熱狂的なレコード・コレクターだった。アメリカのブラック・ミュージックのスタイルを全て追っていたね。

70年代から頻繁にニューヨークに通うようになったそうですが、それはあなたにどのような影響を及ぼしましたか?

 当時ニューヨークに行ったことは、私に大きな影響を与えたよ。親戚がニューヨークに住んでいたから、夏になるとニューヨークに遊びに行くようになった。ブラック・ミュージックが大好きな私にとって、ニューヨークに行くことはメッカ巡礼のような体験だったね。レコード店がたくさんあったし、当時はイギリス・ポンドが強かったから、レコードを安く入手することもできた。ほぼ毎日レコード店に入り浸り、レコードをたくさん持って帰った。当時はシックやクラウン・ハイツ・アフェアも好きだったし、シカゴやデトロイトなどのディープ・ソウルも好きだったね。ウェスト・コースト・ジャズも好きだったし、できるだけたくさんの音楽を吸収しようとしていたんだ。

70年代のニューヨークでDJもしていたのでしょうか?

 いや、DJはしていなかったが、叔父がイースト・フラットブッシュでフラミンゴというカリビアン・クラブを経営していて、自分のサウンドシステムも持っていたんだ。叔父はレゲエやカリビアン・ミュージックをプレイしていたけど、レコード・プールにも所属していて、Prelude、Salsoul、Columbiaとか、メジャー・レーベルのレコードをもらっていた。叔父は私に、そのレコードを全部くれたんだ。

 80年代に入ると、私はパラダイス・ガラージ、トンネル、ワールド、パラディアムなど、ニューヨークの有名なクラブ全てに遊びに行ったよ。ニューヨークのクラブは大好きだったが、ロンドンとの文化的な違いがあった。ニューヨークのDJはロンドンのDJとは違って、優れたレコードならジャンルを気にせずプレイしていたから、とても視野が広がったね。

ニューヨークからロンドンに戻り、サウンドシステムのGood Timesを立ち上げたわけですね。

この続きをみるには

この続き:2,731文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

完売号。巻頭特集は永遠のロックスター、プリンス。殿下のミネアポリス・サウンドを支えた逸材たちの独占インタビューも掲載。

または、記事単体で購入する

レアグルーヴの代名詞ノーマン・ジェイ。その濃密なDJ人生について大いに語ってもらった。

Wax Poetics Japan

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Wax Poetics Japan

ニューヨーク発の音楽雑誌Wax Poetics Japanのnoteアカウントになります。過去のバックナンバや、サイトでは公開していない貴重な記事をアップしていきます。ソウル、ファンク、ヒップホップ、ジャズ、レゲエ、ディスコといったジャンルの音楽遺産をディープに掘り下げます。

Wax Poetics Japan No.21

完売号。巻頭特集は永遠のロックスター、プリンス。殿下のミネアポリス・サウンドを支えた逸材たちの独占インタビューも掲載。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。