人間が幸せに生きるための脳の使い方4つ!記憶術と幸せのつながりとは?

すべての人が前向きに見ようと言っている。裏を返せば、人間の脳は、マイナスを感じやすい。松下政経塾4期生|小田全宏先生
できる体験を積むこと、記憶術は手がかりです。記憶力を上げるのは手段であり、目的ではありません。 書籍|松下幸之助翁82の教え、 1分間松下幸之助などの著者・小田全宏先生

松下幸之助の考え方「自分の人生を幸せに成功に生きていく考え方」を物事を前向けに考える「陽転思考」としてまとめ、世の中に伝え続けている小田全宏先生が、下記のポイントとともに、松下幸之助の考える仕事の喜び、松下幸之助流リーダーシップ論をわかりやすく解説します!

ダイジェスト動画@YouTube(08:36)陽転思考の人間学講座|第4回 幸せに生きるための脳の使い方 *30項目瞬間記憶実演

この動画講座のカリキュラム(56:11)
人間らしさとは何か:脳と心と魂との違い
:脳科学の発達、活かし方
:幸せになるための人間学
:人間だけが悩む
:自分の記憶はどこから来ているのか

記憶術と幸せのつながり 
:頭が良いかは生まれつき!?
:頭の良し悪しと使い方
:自信がつけば、自分の才能を実感できる
:30項目瞬間記憶実演
:人生観が変わる
:上手な脳の使い方
:本当はできるけれど、できないと思う世界
:アクティブブレインの考え方

9つの点すべてを4本の直線で一筆書きで結んでください
:はみ出していいの?
:勝手なリミッター、無意識なブレーキ
:「やってみよう」と自分の脳を使えるようになるために
:人生を変えていく姿
:自分の中にある力に気づく
:できないことがありのまま!? できることがありのまま!?
:過去の記憶が未来を止める!?

脳で感じていく幸せ、感情と記憶の関係性
:世の中に楽しい仕事はない!?
:最初から楽しいことに脳をコントロールする必要なし
:脳の躾、習慣化
:元に戻る作用を脳は持っている
:より良く生きる前頭葉
:記憶の入り口の海馬
:感情の動きと扁桃体
:感情が豊かな人と脳の機能
:人生の豊かさと脳の使い方
:より良く生きるヒント
:不純物が入らない、実現させる脳の動かし方
:βエンドルフィン

講座本編動画@vimeo(56:11)陽転思考の人間学講座|第4回 幸せに生きるための脳の使い方は、こちらから。

この続きをみるには

この続き:817文字

人間が幸せに生きるための脳の使い方4つ!記憶術と幸せのつながりとは?

ウィズダムスクール|Wisdom School

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

小田全宏の陽転思考

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。