応仁の乱Ⅱ 戦いの始まりから終わりまで

1466年、山名宗全は畠山義就と連携して幕府の主導権を握ろうとします。細川勝元は畠山政長を支援し、細川陣営(東軍)と山名陣営(西軍)の対立に。播磨守護職奪還をめざす赤松軍など有力守護が参戦、応仁の乱は長期化します。応仁の乱の始まりから終わりまでの10年間を時系列で追いかけます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

松本恵司

室町時代 大学講師と高校教師のコラボ日本史

立命館大学授業担当講師秦野裕介と高校社会科教師松本恵司のコラボレーション動画です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。