松本恵司

建武の新政 後醍醐天皇政権に加わった人々

建武の新政政権は、護良親王・足利尊氏・北畠親房など上層の人々と文観・楠木正成のように新興の人々で構成されていました。後醍醐天皇と護良親王、足利尊氏と新田義貞など...

0

建武の新政 大学講師と高校教師のコラボ日本史

異形の王権と呼ばれる後醍醐政権。建武の新政において、後醍醐天皇・護良親王・足利尊氏はどのような位置にあるのかを考えます。

0

後小松上皇から後花園天皇へ 大学講師と高校教師のコラボ日本史

後小松上皇の子弟の称光天皇・小川宮は皇子を残しませんでした。後光厳流に後継者候補はおらず、足利義教と後小松上皇は崇光流伏見宮家の後花園を皇位継承者に選びます。

0

明徳の和約 大学講師と高校教師のコラボ日本史

1391年、明徳の和約によって南北朝の合一が実現します。しかし、北朝は義満と後亀山の合意に冷淡な態度をとり、南朝側の不満が後南朝といわれる動きを引き起こしました。

0

観応の擾乱Ⅰ 足利将軍家の分裂

足利尊氏と直義は協力して室町幕府を創設しました。しかし、高師直と上杉重能の対立など足利家家臣団は分裂、尊氏派と直義派の戦いが始まります。

0

観応の擾乱Ⅱ 正平一統

観応の擾乱のさなか、足利尊氏は北朝を廃止して南朝に統合させ、鎌倉の足利直義攻撃に出立します。正平一統により、大覚寺統の朝廷と室町幕府による平和が実現するかと思わ...

0