「憑きのお椀」和久裕子様 作

yaya(声、音響)
00:00 | 00:30
ありがとうございま〜す♪ by yaya
38

yaya☆

詠んだもの 3

2019年 1月~
1つのマガジンに含まれています

コメント15件

イーグルフェロモンさん
この度原作についてのコメントを頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りしてお礼を申し上げます。
書いている時に何か予感を感じていました。言葉を沢山頂いたのでどれにも感じ入るところがあるのですが、恐怖とか愛のようなものがそれを悪戯に突っつく、の部分が非常に共感できました。
写真の選び方は絶妙だと思いました。雰囲気に恐ろしくマッチしてると思いました。この合わせ方は60〜70年代の日本映画の雰囲気を思わせるような気がしました。色んな映画にこの雰囲気が取り込まれていたような。不穏で見逃せない雰囲気が、迫力のある壁のように立ち塞がる感じです。長々と失礼致しました。yayaさん経由ではありますが、いつもイーグルフェロモンさんの写真や声の迫力には圧倒されています。今度の活躍も楽しみにしております。
他の原作について感想を言って下さった方々も非常に感謝しております。何となく微妙なニュアンスでの受け取りが多かった気がするのですが、自分の文章力について情景を描き出す能力をもう少し上げた方が良いと感じました。
イーグルフェロモンさん。超〜久々のフルネームwww
貴方のことだから 話したいことは もっともっとあったのだと思いますw
私もたくさんありすぎて書ききれないからおおまかにw
覚えていらっしゃいますよね?私に 今回ようなの女性も 演じられると 以前 仰ったこと。あの時、たぶん こんな風になることが決まっていたのだと思います。
そして、貴方も その導きの仲に 含まれていたのですね。
なにかひとつでも欠けていたら こんな仕上がりにはなっていなかったでしょう。
大好きというのはおかしいから おかげさまで 誇れる作品がまたひとつ増えました。かな?w
いつもお力添えありがとうございます。
また お願いいたします。ねっwww
和久さん

おはようございます初めまして。
こちらこそこの度は間接的ではありますが、共作できたこと、たいへん光栄に感じています。いやはや才能を感じましたよ。それも一筋縄ではゆかない才能(いい意味で)。わたしはパンクやノイズミュージックも大好きなのですが、そういったところに近いものを感じました。シンパシーも。だから今回こちらのBGMも選んでもらえたのかもしれませんw。おっしゃるように、60年代~80年代のアナログとデジタルの狭間で激動してきた時代がめちゃ好きです。
この頃のいいところは、これからも伝えていきたい気もしますが、その手段はやはりまだ模索しているのが実情です。和久さんからまさにその昭和の香りを感じます。そのままマイペースに創作をぜひ続けてほしいと思っています。改めてこのたびはありがとうございました。のちほど和久さんのnoteへ遊びに行きますね★
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。