自己ベストの1日をキメてもたれぞうさんにはなれなかった話

最近夜にランニングをしている。

多摩川沿いの土手を、息を切らせながら醜く走っている30歳男性彼女なしがいたら僕です。

そんな僕ですが、なぜランニングを去年の夏頃以来で再度始めたかというと、今回はスタミナをつけるためです。

去年始めた理由は頭をスッキリさせるためで、その日一日の脳の働きを最大化させるために、朝走っていたのですが、

もともと僕の今の仕事が朝5時おきとかだったので、結果4時に起きて走るということになり、朝早すぎて夜早く寝なきゃ常に眠いってなって、

あれ?脳の働きMAXにするために始めたのに、毎日朝早起きし過ぎて眠いぞ?脳働いてないぞ?ってなったので、

挫折してやめてたんです。

しかし今回は、理由がスタミナをつけるため。

そうなると夜走ってもオッケーってなるので、時間の調整がやりやすい。

さらに遊ぶ日やお酒を飲む日は走れないので、結果的に無理せず走る感じになっていて、とても良い感じで走っているのです。

そして今日は、昨日も走ったのですが、なんとなく走りたくなって、

おれももうすっかりランナーだな、、、

なんて遠い目をしながら準備をしていたのですが、さらにサウナに行こうかなと思いつきます。

サウナは疲れも取れるし、頭もスッキリして、しかもランニングの後にどうせ風呂入るから、一石二鳥やないか!となり、

ランニングからの筋トレサクッとしてプロテイン飲みーのサウナに行くことに。

もはや走る前からテンションマックス、今日はなんて効率のいい一日なんだ、、って感動していたわけです。

何を隠そう、今日の仕事は見積もりが2件だったので、車の運転と待ち時間がかなり長かったので、合間にめちゃくちゃ読書して、動画見て、勉強がはかどっていたわけなんです。

だからこその仕事終わりもテンション高く、うーむ、今日はなんとも素晴らしい一日になりそうだな、なんて思いながら走り始めたわけです。

走り始めはテンションの上がる曲を聴きながら、そして1キロを過ぎる頃からはオーディブルに切り替えて、英語を聞きます。

今は村上春樹の1Q84を英語で聴いてるのですが、普通に面白い。

日本語では読んだはずですが、一回しか読んでおらずしかもかなり前のことなのでストーリーはほぼ初対面の感覚。

なのですんなり入ってくるところと、何度か聞き直さなくては意味が入ってこないところがありますが、それもまたよくて。

ちょっとわからないぐらいが、勉強欲を刺激されていい感じなのです。

ちなみにここで僕のオーディブル勉強スタイルのティップスを少し。

オーディブルで聞いているときに、わからない部分が出てきても、止めて巻き戻したりせずに、あえて聞き流します。

その後を聞いていれば意味が取れることもあるし、なんとなくストーリーについていけていればオッケー、ぐらいの感覚ですすめます。

なんせ、いちいちわからないところで止めていると、すぐ止めることになるし、テンション下がっちゃうし。

なので、ストーリーがちょっと怪しくなってきたなーと思ったら、例えばチャプター5ぐらいで少し怪しくなってきたな、、ってなったら、もう一気にチャプター2ぐらいまで、思い切って戻って聞き直します。

そうすると、2回目になるので、結構スラスラ意味が取れて、おお!俺成長してるやん!!ってなるんですね。

この成長感が大事なので、わかんなくなったらチャプターごと、または最初に戻って聞き直す、がオススメです。

時間はかかりますが、まあそもそも、そのためのオーディブル。

なにかしながらの、ながら聴きなので、これぐらいのテンションがちょうどいいのかなあ、と思ってます。

さて、話を戻しますと、そんなこんなでオーディブル聴きながら走ってたわけです。

もう外は真っ暗、河川敷なので車もおらず、道も真っ暗で、そこでオーディブルを聴きながらですと、かなり入り込んで走れます。

そもそも僕的にはスタミナのために走っていて、特にランニングと向き合いたいわけでもないので、思いっきり物語に入り込みます、やっぱり村上春樹面白い、さすがっす。

そんなこんなで、ランニング終わり、部屋に戻ってバーピー20回を決めてからプロテイン、さらにそこでちょっと一息ついてしまいそうになる自分を鼓舞し、すぐにサウナに向かいます。

ああ、、おれは今日、時間を有効に使えている、、、き、きもてぃい、、、

そしてチャリで2分のサウナへ。

服を脱ぎ捨て、体を洗い、即サウナへ。

サウナでは留学してた頃のこととかを思い出し、あーこれもブログに書きたいなーなんて考えてて、

そんでそこの銭湯には水風呂がないので、水シャワー。

僕、水風呂大好きですけど、水シャワーも好きなんですよね、頭にぶっかけられるから。

そんでサウナ水シャワーを2セットキメて、サクッと出ます、今日の僕はダラダラしないよ、エリートだからね!(キリッ

そんで脱衣所でもダラダラしません、ササッと身体を拭き、帰る準備をします。

もうね、ここまで時間を効率的に使えるとね、気分は最高潮です。

できるサラリーマンになった気になり、僕のイメージはもう完全にたれぞうさん。

僕もたれぞうさんみたいに、スマートな社会人になったんだ!おれは今、たれぞうさんだ!!って思いながら、

ササッと身体についた水分をスマートに拭き取り

ササッとロッカーのドアを開け、パンツを取り出し

バシッとパンツを履き

フッ(みんな、俺のことを見て!おれはできるサラリーマンだ!たれぞうさんだ!)

と思いながら周りをサッと見回し

なんとなしに下に視線を下ろすと

そこにはヒモがダルッダルになったパンツを履いた僕の下半身が。

おい、おめえ

たれぞうさんはな、ヒモがダルッダルのパンツは履かないんだよ

キュッとしまったパンツを履くんだよ、あのーあれ、カルバン・クラインのやつだよ

おめぇよぉ、ここまできてよぉ、そらねえべさ

ヒモがダルッダルやないか

もうね、テンション激なえ

もうだめだ、おれはたれぞうさんではなかったんだ、、

ごめんな、たれぞうさん

おれ、たれぞうさんにはなれなかったよ

今までありがとな、、、

って思ったという話でした。

とりあえず俺ではなくてたれぞうさんがオランダに行く。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

@yohjihonda fdy.incというアパレルブランドの代表をしています。@fdy_inc SenveroOnDemandという飲み会を企画しています。

あたしの方がスキ
1
fdy.incというアパレルブランドの運営をしています。@fdy_inc センベロオンデマンドという飲み会を企画しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。