「ゲームづくり道場」の新シーズン

「ゲームづくり道場」シーズン6がスタートします。

2018年10月20日(土曜日)15:30~17:00。
池袋駅からすぐの池袋コミュニティカレッジで開催です。
日程は、
2018/10/20(土)
2018/11/17(土)
2018/12/15(土)
2019/01/19(土)
2019/03/16(土)
2月をのぞく毎月第3土曜日。
シーズン6は、特別ゲストをむかえて、ゲームづくりについてさまざまな角度から考察しつつ「ゲームづくり」を進めていきます。

講座後には、ゲーム会やテストプレイ会をやっています。
また講座メンバーによるテストプレイ会の開催もあり、わいわいとゲームづくりを進めています。

「ゲームをつくったことがない」という人も、半数ぐらいいて、はじめての人も歓迎です。

以下はシーズン5の告知。

ゲーム文学全集(ゲームづくり道場シーズン5)

「ゲームづくり道場」の新シーズンがスタートします。
今シーズンは、がっつりゲームを作ります。
全6回。
各自(もしくはチームを組んで)、それぞれがゲームをつくります。
以前ゲームをつくったシーズンは、参加者ほとんど全員がおもしろいユニークなゲームを作って、お客さんを招いてプレイ会を開催しました。
今回は、さらにテーマを決めて進めていこうと思います。
「ゲーム文学全集」
有名文学作品をモチーフにして、ゲームをつくってみようじゃないか。
そして、作ったゲームをずらーっと並べて、「ゲーム文学全集」を!
という企画です。

たとえば、
芥川龍之介「蜘蛛の糸」
太宰治「走れメロス」
江戸川乱歩「人間椅子」
坂口安吾「白痴」
二葉亭四迷「浮雲」
夏目漱石「坊ちゃん」
宮沢賢治「銀河鉄道の夜」
宮沢賢治「注文の多い料理店」
小林多喜二「蟹工船」
中原中也「サーカス」
田山花袋「蒲団」
芥川龍之介「羅生門」
中島敦「山月記」
梶井基次郎「檸檬」
なんていうゲームが遊べたら、楽しそう、壮観!

作品選び→作品の読み→ゲームにするポイントの抽出→システム化→プロトタイプづくり→おもしろさの増幅→テストプレイ→完成。
という流れで進めていきます。

「まったくゲームを作ったことがない」という人でもだいじょうぶ。
講義・ワークショップ後に、わいわいとテストプレイしながら、みんなで作っていきます。
「ゲームづくり道場」の新シーズンは、4/21スタート毎月第3土曜日全6回、池袋駅からすぐの池袋コミュニティカレッジで開催です。

「ゲームづくり道場」の新シーズン

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

米光一成

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。