noteは「誰が書いているか?」が優先

noteはユーザーを集める場所ではなく、集まったユーザーに対してアクションを起こすための媒体だと思っていた方がうまくいきます。

なぜなら、商品やコンテンツよりも、個人や会社(ショップ)がありきでの商品やコンテンツの媒体だからです。

Amazon、楽天とは違うってこと。

例えば、グーグル検索では、情報に個人や会社(ショップ)よりもコンテンツが先頭に立っています。「探している情報がそこにあるかどうか」「その情報は正しいのかどうか」というのが大切で、「誰が書いているのか」「どこが運営しているのか」というのは二の次です。

noteの場合はそうではないですよね。コンテンツよりも個人や会社ショップの方が先頭に立っています。

この違いは大きいです。

そして、この部分を認識していないと、間違った方向に進んでいく可能性もあります。くれぐれも気をつけましょう。

noteの構造やコンセプトが大きく変わらない限り、これらは変わることはないです。今後もnoteとうまく付き合っていくためにも、認識のズレがないようにしておいた方がいいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

このコンテンツに価値を感じ、楽しんでもらえたらお気持ちをサポートいただけると幸いです!リクエスト等がありましたらお気軽にメッセージください。

ありがとうございますっっっっ
16

よぴ【YOP】

主にメルマガとかブログとかサイトなど、ウェブコンテンツで生きている人です。結果や結論を知ることのできる媒体は多くとも、失敗やその過程に至るまではなかなか知ることができない。noteでは失敗も含めて過程もシェアします。https://twitter.com/prostyleeee

NOTEを楽しむ会

NOTEを楽しむ会に関するノート、noteに関する気づきや使い方などをまとめてみました。(旧:noteに関する気付き)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。