夫婦別姓にすると子供の名字はどうなるの?

選択的夫婦別姓制度に賛成する人が増えてきました。最近、賛成派になった人に、一番よく聞かれるのが「子供の名字」に関する質問です。

大きく分けると、「子供の名字はどうやって付けるの?」と「親子で名字が違うって大変じゃない?」の2点です。今回はその質問に対する回答をまとめてみます。

子供の名字の付け方は今と変わらない

現在、私たち日本人は結婚するときに、夫か妻かどちらの名字に揃えるかを選択しています。子供が生まれたら、子供の名字は選択した方の名字になります。

選択的夫婦別姓制度は「夫婦」の名前のルールなので、子供の名前のルールは変更ありません。結婚時に夫か妻かどちらの名字にするかを選ぶ形になります。つまり、今と変わりませんので、今まで以上にもめることはありません。

もし、子供が両親の意思に賛成できず、もう一方の名字を選びたくなったら...。子供が15歳になれば、家庭裁判所に自ら申し立てられるそうですので、どうぞご安心を。

まとめると、子供の名字は今まで通り両親の名字のどっちか、になります。

親子別姓はすでに多発している

夫婦別姓を選択した家庭で生まれた子供は、片方の親とは名字が違うこと(=親子別姓)になります。「親子別姓って大変じゃない?」とよく聞かれますが、実はすでに親子別姓は多発しています。

例えば、日本人が外国人と結婚すると夫婦別姓が基本です。国際結婚で生まれた子供の多くは、片方の親とは別姓になっています。また、子連れで再婚したとき、子供がすでに学校に通っていたりすると、子供の名字を変えずに母親/父親だけが名字を変えることがよくあります。そのときも親子別姓になります。また、事実婚の家庭は、法律婚と違って夫婦の名字を統一していませんから、子供が生まれたら親子別姓になります。

みなさんの周りにもそういった家庭がありませんでしたか? 実は親子別姓は珍しいことではないのです。

親子別姓のイメージが湧かない方は、芸能人の親子を想像してみてください。松田聖子さんの娘が神田沙也加さん、奥田瑛二さんの娘が安藤サクラさん、藤圭子さんの娘が宇多田ヒカルさん、矢野顕子さんの娘が坂本美雨さん、三國連太郎さんの息子が佐藤浩市さん。(本名や婚姻歴はよく知りませんが...)実は私たちはテレビで親子別姓を当たり前に見ているし、そんな芸能人っぽい親子が近くにいても、特に問題なさそうですよね!※

事実上の親子別姓は増えている

また、夫婦別姓を選択できないことから、旧姓を通称として使い続ける人が増えています。つまり、家の外では違う名字を使っているわけですから、事実上の親子別姓と言えるでしょう。

私もその一人です。仕事で名前が変わると困るので、旧姓である「青野」を使い続けています。テレビも新聞も全部「青野」で出ますから、子供は私のことを「青野」だと思っています。そして、何も問題はありません。

生活上も困らない

夫婦別姓を選択することは、「名前を変えない」ということです。名前を変えないのですから、特に困ることはありません。むしろ、名字の変更に伴う手続きは一切なくなるし、旧姓と新姓を使い分ける手間やリスクもなくなります。生まれたときから使っている名前をそのまま使い続けるだけのことです。

家族で一人だけ名字が違ったからといって、特に困ることはありません。名字が違う人が同居しているなんて普通のこと。サザエさんとカツオくんだって名字は違うのですから。(サザエさん=フグ田、カツオくん=磯野)

親子別姓の子供はかわいそうじゃない

これは本人に聞いてみましょう。

 親が夫婦別姓、子どもの本音を聞いてみた「困ることはない。以上」

「困ることはない、以上」だそうです。

こちらにも。

 親が夫婦別姓/親子別姓だと「かわいそう?」子どもたちのリアルな声

よく「いじめられそう」なんて意見を聞くのですが、それはいじめる側の問題です。世の中には様々な家庭があります。いかなる理由があっても、いじめてはいけないことを子供たちに教えていきたいですね。


いろいろ挙げてみましたが、選択的夫婦別姓制度ができても、子供たちには何も問題がないことをご理解いただけましたでしょうか。むしろ、彼らが大人になって結婚するときには、選択できる制度に感謝するでしょう。子供たちのためにも早く制度を実現しましょう!

名字を揃えたい夫婦は同姓を、名字を変えたくない夫婦は別姓を、当たり前に選べる社会を目指して。


※親子別姓の芸能人の例を足しました。「本名は親子別姓じゃない」とご指摘をいただきましたが、あくまで親子別姓のイメージを持っていただくための例です。そもそも選択的夫婦別姓制度がない現在、日本人同士の法律婚で本名の親子別姓は起こりえません。ただし、離婚すればありえます。(2019/5/6)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
147

note編集部のおすすめ記事

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。