見出し画像

Column #16 昭和→平成→令和、これからも軽音楽を

平成が明けた時は中学1年生。年明けはいつも家族でスキーに行くのが恒例だったので、北の街のどこかの旅館のブラウン管で、小渕さんが「平成」という字を掲げるのを家族そろって眺めた。その瞬間を今でもはっきり覚えている。昭和64年は7日間で終わった。まだあそこに毛も生えていなかった。

2年後にはバンドを組み、そのバンド「BLUE BOY」でデビューしたのは、平成5年の夏だ。平成10年に解散ライブ。その前年の平成9年にHARCOとしてソロビューして、平成29年の最後にHARCOを終了した。

西暦でしか覚えてなかったから、新鮮。そうか、自分のミュージシャン人生=ほぼ平成そのものだったのだと、平成最後の日になって実感。

でも、そのミュージシャンとしての基礎を作ったのは、まぎれもなく昭和だ。昭和50年10月16日に生まれ、昭和55年の同じ日、5歳の誕生日に、ピアノ教師であった母は、僕にピアノを教え始めた。上の写真は昭和58年4月の発表会、7歳のとき。これが初ライブかもしれない。

その後、中学に入って運動部に熱中すると一旦やめてしまうのだが、それまでは常に楽しんでピアノを弾いていたという。でも色んなコンクールに出ては、最初の予選で落ちてばかりいた。弾くことよりも、ピアノの音だけを頼りに楽譜に書く「聴音」という作業、いわゆる耳コピが得意だった。

だからなのか、音をゼロから生み出していくことよりも、すでにあるモチーフや何かしらの音楽を、自分のなかで編集していくことの方が好きだ。創作というのは、すでにいくつもの作品が世の中にあって、世界中の人の価値観の延長線に、自分の価値観をほんの少し足しているだけ、という気持ちが強い。なにもかもゼロから作ろうと思うと、たいてい行き詰まってきたもんなぁ。

昭和の時点では、雑誌の編集者になりたいと思っていた。それで小学校高学年の頃は、趣味で雑誌ばかり作っていた。小説の作家になりたい気持ちもあったけど、子供ながらにそれはおこがましいと思っていて、編集とかライターとか、とにかく少し響きが軽いテイストの仕事がしてみたかった。

平成になってその雑誌が音楽になっただけなのかもしれない。でもクラシックはやはり自分には向いてなくて、もっと軽いもの、つまり「軽音楽」が自分にはハマった。BLUE BOYをやりながら、高校の軽音楽部にもまっすぐに飛び込んだ。

平成の初めの中学時代は歌謡曲とロック、高校になってハードロック、ジャズ(特にドラム)、ソウルなどいろんなものをごっちゃにして聴いていた。ベイシティローラーズに自分たちを重ねて、分かりやすいポップソングに集中してこれでもかと作った。

デビューして18歳で早々にひとり暮らし。CSテレビをつないで、MTVを毎晩のように見て、深夜のマニアックな特集から、辺境の音楽がこの星には山ほどあることを知る。ひとり多重録音、現代音楽、ワールドミュージック、そしてスペースバチェラーミュージックに出会って、HARCOが生まれた。

時代もそれこそ、すべてのジャンルが一回りして、懐古主義とその主義を遊んだ人たちが光ってた90年代。タワーレコードで買ったCDの束、そのジャンルが全部ちぐはぐなことに、自分で笑っていた。

そして平成の後半になって、自分がどんな音楽に一番心を動かされるのかが、ようやく分かってきた。不条理な世界観を目指した「HARCO」は最初の3〜4年ほどで幕を閉じ、名前を変えずに、シンガーソングライター然とした、落ち着いたものを好むようになった。

今になって思うのは、自分が聴きたい音楽=自分の心が落ち着く音楽、ということにこだわってきて、それを生み出す使命があると思い続けていた、平成の後半だった気がするということ。つい突っ走る自分を「まぁまぁ」となだめて、いったん中和させることで、初めて世間に通じるのだと思っていた。

でももしかしたら、突っ走るままで放っておくのも面白いんじゃないかなぁ。それを手段や工程に例えたら、自分の原点のような、編集感覚の混じったものになるじゃないか。最近そんなことをよく考えてる。この年齢から突っ走るということは、暴走中年ということになるのだけど。夜露死苦。

本名名義になって1年半。せっかく始めたのに、感覚がゼロに戻っているのだ。これはめちゃくちゃ良い意味で。なんだかセカンドアルバムは、ファーストアルバムと全然違うものになるような気がする。あれだけ続編を作ると言っていたのにね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

36

青木慶則(ex-HARCO)

シンガーソングライター・青木慶則(ex-HARCO)のノート。ライブの記録、マンスリーコラム、プレイリストなど。将来的に無料・有料コンテンツを組み合わせ、楽曲などの発表もできたら良いなと思ってます。

青木慶則のマンスリーコラム

毎月、月末にコラムを執筆します。