見出し画像

臆病だって、いいじゃない

「野々村さんは、助産院をやっていて怖くないですか」

「コウノドリ」のシーズン1の第7話目。助産師の小松さんが、助産院を運営する野々村さんにこう聞くシーンがある。

小松さんの母親も助産師で助産院を営んでいたが、先天性横隔膜ヘルニアだった赤ちゃんを死なせてしまい、責任をとり廃業したという経緯があり、小松さんにとってお産は恐いものであり、自分を“臆病者”だと思っている。

それをふまえた、この質問。野々村さんは、こう答えた。

「私は自分のことを優秀な助産師だと思ったことはないけれど、40年事故なく助産院を続けれてこられたのは、あなたと同じで臆病だったからだと思うの。お産ってひとりひとり違うでしょ。経験に頼って慣れてしまうと、いつかきっと何かを見落とすことになる。

(中略)

だって、助産院は一度の失敗も許されないでしょ?生まれたいと頑張る赤ちゃんにお母さんが力を貸して、それをとりあげるのが私たちの仕事。誰かの命に寄り添うには、臆病なくらいでちょうどいいのよ

こう言われた小松さんの顔が、涙であふれる。

「あぁ、すごくいいなぁ」と思った。臆病であることを少し悩んでいた小松さんが「私は臆病であることは間違っていなかったんだな」とホッとする瞬間がすごく好きだ。

たぶん、これは誰にでも言えることだと思う。臆病だからたくさん準備する。大事なことは事故なく続けることなのだ、と。

「コウノドリ」は、僕には分からないことばかりだったテーマだし、出産は僕にはできない。だけど、毎回考えさせられる。本当にいいドラマだなぁと思う。

※ ちなみにシーズン1は、Amazonプライムビデオで見ることができる。

コウノドリ(2015) - TBSオンデマンド

シーズン2は、今7話目。そろそろクライマックスに近づいていく。今回は、ペルソナという病院で働く人たちにフォーカスが当たっていく。来週も楽しみだなぁ。

(Photo by Nevin Ruttanaboonta on Unsplash)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金で、本を読みます。 https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/356OAJ5D3MLXY

また見にきてください!
12

平野太一

noteディレクター👨‍💻 / 整理・整頓・アレンジが得意で、Product Hunt巡りが趣味です / 好きなツールはNotionとZapier / 週3日の自炊で使い切れるレシピ集「#週3レシピ」の撮影・試食を担当しています / 週1くらいのペースで更新予定

タイムカプセル的

いつかまた読み返したい、その当時の自分が悩んで書いたnoteをまとめているマガジンです。 2017/02/06〜
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。