アスリートと「note」の相性の良さは抜群だと言える5つの理由

 気軽に有料コンテンツを投稿できる「note」というサービスが始まりました。とても面白い仕組みだと思います。クリエイターさんやライターさんにとってはもちろんのこと、普段それがお仕事ではないアスリートや芸能人にとっても相当マッチしていると思います。特に僕のようなマイナーアスリートにとって、「note」は自らの商品価値を顕在化させる一つのツールとして有効に機能するのではないでしょうか。

 現在、多くのアスリートが個人で管理するブログやTwitter、Facebookのアカウントを持っていると思います。さらに、InstagramLinkdInTumblrPinterestVine...どんどん新しいツールが出てきますね。同時に複数のツールを運用するのは面倒かもしれませんが、それぞれの特徴や利点をよく理解して活用することは、現代のアスリートに求められる重要なスキルです。それに、各ツールごとにテーマや位置づけを決めて運用すればそれほど煩雑なものでもありません。

 僕の場合は、個人のオフィシャルブログが一応の名刺代わりという位置づけです。マイナーアスリートの場合、何かの拍子で検索してもらった際に興味を持ってもらえれば、その後も応援してもらえる可能性が出てきます。なので、ブログでは岡田優介という人物像が読み取れるような内容にすることを心がけています。また、コンタクトを取りたいと思ってくれた人がすぐに取れるようにそのルートを用意してあります。(なお、当初は「現役バスケットボール選手が公認会計士を目指す」というのが一つのテーマでしたが、合格した後は更新もやや停滞気味です・・・。)

 Twitterは書き捨て&読み捨てされる性質を持ちますが、ブログは蓄積される性質&検索される性質を持つため、いつまでも何度でも読まれる可能性があるという利点があります。なので、「何を食べた〜」とかのゆるい日常生活の記録はTwitter(@ysk_okada)に譲り、ブログでは自分の考え方をまとめたコラム的なものを多めに書いています。

 何を書くのかは人それぞれ自由だと思いますが、運用方針は明確に決まっていた方が更新しやすいし、読み手もストレスなく読めると思います。

 さて、では本題です。アスリートはどのように「note」を活用し、情報発信していくべきでしょうか。

この続きをみるには

この続き:2,118文字/画像1枚

アスリートと「note」の相性の良さは抜群だと言える5つの理由

岡田優介(Yusuke Okada)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

24

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。

コメント1件

共感できます(*^^*)がんばってください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。