88

写真を撮ったり、文章を書いたりしています。

メンヘラを自称する人たち

唐突な話になるが、メンヘラという言葉も、それを自称する人たちも好きではない。
 そもそもメンヘラという言葉の発祥というか、語源も知らなかったので調べてみると、2ちゃんねらーの間で「メンタルヘルス板にいるような人」のことをメンヘラーと略して呼ぶようになったことがそもそもの始まりだそうだ。

 もともとは「精神的な病を抱えている人、その傾向のある人」を表すこの言葉が、どのようなきっかけでここまで一般的

もっとみる

いちばんいい時計の話

彼女はそのとき僕に、「いちばんいい時計」の話をしてくれた。
 それは彼女が以前テレビか何かで見た話で、なんでそんな話になったのかは忘れてしまったけれど、不思議と僕の心にずっと残っている。

 紛争地や戦闘地域で戦う戦士たちは、ときに敵の捕虜となってしまうことがある。捕らえられ、身体の自由を奪われ、暗くて狭いほら穴のようなところに閉じ込められてしまう。明かりなんてものはなく、太陽の光も届かず、見渡す

もっとみる

写真を撮る理由

何かものを作ったり、表現活動に携わる人たちに昔から憧れていた。ミュージシャンや作家、デザイナーなど、いわゆる自分の「作品」というものを持つ人たちだ。

 自分もそうなりたくて、ギターを始めてバンドをやったり、絵を描いてみたり、建築を学んだり、デザインの学校に行ってみたりしたけれど、どれひとつ、何ひとつ続けることができなかった。ほんとうに、何ひとつかたちにすることができなかった。

 それでも、「も

もっとみる

LOST OF MIND

自分は精神的に不安定になるとお酒に走る傾向がある。いちばん酷かったときだと、仕事から帰ってきたらまずウイスキーを瓶ごとラッパ飲みし、休みの日も午前中から飲酒していた。どこかに飲みに出かけるのではなく、自分の部屋で、淡々と、黙々と飲んでいた。お酒を飲むことで少しでも気分を紛らわせたい、嫌なことから目を背けたいという欲求にとても正直に反応していた。

 でも、そういった精神状態のときに自分が心の底で思

もっとみる

窓外から聞こえてくる雨音で、ひどくリアルで生々しい性的な夢が中断された。作家の村上龍は、見た夢の内容をメモとして書き残し、小説のアイデアとして活用しているらしい。自分の夢は常軌を逸しておもしろい、と書いていた。

 ときどき、忘れたくない、もっとその夢の中に留まりたいと思うような強烈な内容の夢を見ることがある。覚醒しても現実と夢との境目が分からず、しばらく放心状態となってしまうような夢だ。自分も一

もっとみる

笠井爾示という写真家

東京から戻る新幹線を待つ間、少し時間があったので銀座の蔦屋書店に立ち寄った。蔦屋書店はいちばん好きな本屋で、普通の本屋ではまず目にすることができないマニアックな本も取り扱っているし、何よりお店の雰囲気が良い。特に写真集の取り揃えは豊富で、中身を見られるようになっているものも多いので嬉しい。

 時間潰しのつもりで入ったので、特に目当ての本などはなかったのだけれど、たまたま通りがかった棚に笠井爾示(

もっとみる