小説

3
ノート

日常:風船

ひとつの疑問がある。  人はいつ好きと認識するのだろうか?  これは単に人を、という意味で...

日常:紙袋

たれた汗が目をかすめる。  まだ、夏ではないはずだ。やっと梅雨入りしたところだ。その梅雨...

日常:ネコ

ネコが、死んでいた。  駐車場の近くだ。駐車場と言っても、職場や出先ではない、自宅近くの...