デザフェス出展に学ぶ、実店舗販売・物販で必ず売上を伸ばす方法


2017年8月に開催された真夏のデザインフェスタに出展してまいりました!


私は普段スマホケースを中心にオリジナルデザイングッズを販売しています

KARAKURI-KINOCOというお店の名前で今まではインターネットで販売をしてきました。

デザフェスに出展するのは初めてだったので、
・在庫をどれくらい抱えたらいいのか
・どんなディスプレイにしたら売れやすいのか
・どれくらいの売上が見込めるのか
などといったことを調べたかったのですがインターネットで調べてもなかなかそういった情報が出てきませんでした。


出店前にネットを調べてわかったことは

・デザフェスは毎年5月と11月に行われており、真夏のデザフェスは追加開催のため少し小規模(通常の半分くらい)
・通常は12,000ほどの出展者数で、来場も70,000万人とかの規模感
・国際的なイベントでもあり外国人の方も多め
・通常の5月11月のイベント時は入場規制がかかったり入場するまでに並ばなくてはいけないこともある

これくらいのことでした。


そこで今回はデザフェスに出展してみて、私が物販の売上を伸ばすのに絶対にやったほうがいい、と気づいたポイントについてまとめてみました。


これからデザフェスの出展を控えている方、実店舗販売や物販の予定がある方に参考になれば幸いです。

約4400字のテキストになります。

この続きをみるには

この続き:4,139文字/画像7枚

デザフェス出展に学ぶ、実店舗販売・物販で必ず売上を伸ばす方法

幸田夢波

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

心に響いたら、サポートお願いします。今後さらに良いコンテンツをお届けするための活動資金として大切に使わせていただきます。

わたしもスキ。
2

幸田夢波

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。