見出し画像

真っ白な記録として。

就活の黒い服を着て、真っ白な光の入るガラス張りのエレベーターに乗りました。

会社のお話を聞き終わって、疲れて、降りていくところでした。落下する自分を感じながら、わくわくと外の景色にみとれていたら、乗り合わせたおばちゃんに話しかけられました。

白いレースの服をきっちり着て、すごくお似合いのお化粧をした、小さな優雅なおばちゃんです。

「あら、就活?かわいくしていらして。」

小さな驚きと精一杯の笑顔で「あ、はい!」

1階につきました。

おばちゃんに先に降りていただいて、私も降りようとしたとき、4歩先でおばちゃんが振り返って、微笑んで言いました。

「頑張って、行ってらして。」

そして堂々とした背中でどっかいった。

わあ。なんて素敵な瞬間。

振り返った笑顔と綺麗なしわと、白いレースと今日のお日様が重なった、真っ白な瞬間。

数秒の出合いと別れ。

忘れたくないから書き残しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

12

ゆりあさん

毎日のだいじなこと探し。

何度も読み返したい素敵な文章の数々vol.10

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。