見出し画像

5年目の夏合宿

はじめてNOTEを使って、記事を書いてみる。
何を書こうかかなと、考えること数日。笑

まずは、自己紹介として、私自身のこと、会社のことを簡単に書こうかなと思う。

2015年3月に会社を創業して、5年目。
何をしている会社かというと、スポーツ合宿に特化した旅行会社「株式会社ランブリッジ」だ。

業務内容は2つだ。

1.スポーツ合宿遠征の企画手配
スポーツチームへ交通機関、宿泊施設の手配はもちろん、スポーツチーム特有のサポートまで全てをマネジメント。
2.スポーツ合宿地の開発
地方にある自治体や企業の方たちへ、人材の育成や事業プラン作成のコンサルを行なっている。

なぜスポーツ合宿なのかというと、もともと私自身が野球を小学生から始め、中学ではクラブチームに所属し、高校野球と野球一色の世界で過ごしてきた。そして、四国アイランドリーグという野球独立リーグに所属していた。(とはいっても、上には上がたくさんいて試合には出れなかった。笑)
そんなスポーツの経験があったから、閃いたことかなと思う。

野球を辞めたあとは、大阪に出たいから(愛媛に住んでおり、都会に出たいというミーハーな気持ち)という理由もあり大阪にある旅行の専門学校へ入学した。
今まで野球しかしてこなかった反動なのか、勉強することがめちゃくちゃ楽しかった。そして、無事に総合旅行業務取扱管理者という国家試験にも合格し旅行会社への就職も決まった。

旅行会社、在籍時にスポーツチームの旅行の手配などは手掛けていた。けれど、もっともっとスポーツならではの踏み込んだ提案やサービスを提供できるのでは?と考えることが増えてきたとき。

そんな2つの経験を活かすことができるんではないかと考えて、この会社を創業したのだ。

そんなこんなで5年目の夏合宿シーズンを迎えている。
今、この会社が存続しているのもたくさんのチームの方達が利用してくれているからだ。ざっと500チームほど。本当にたくさんのチームの皆さんが利用してくれたなと感謝感謝である。

なぜ、スポーツ合宿を主軸としたビジネスを行なっているのか?

もちろん、野球一色に世界で育ち、旅行業のノウハウがあってこそだが、このスポーツ合宿ビジネスを行なっている理由はそれだけではない。
スポーツ合宿を通じて地方を元気にすることができると思っているからだ。
お金を消費してくれることで、その地方での経済効果も促進されることもあるだろう。でも、それが本質ではなくスポーツ合宿をきっかけに見ず知らずの地方へ行き、その土地の人と出会う。それが毎年のイベントのようになり訪れるようになる。 そんなスポーツ合宿を通じたコミュニティを作りたいし拡大して、繋げていくことが大事であると思う。

最近、嬉しい問い合わせが会社へあった。「突然のメール、失礼致します。
●●市在住の野球ファンですが、可能であれば、今年の合宿に来る参加チーム、練習試合等の情報を教えて頂きたいのです。」チームに直接関わるホテルやスポーツ施設の人ではない。昨年、たまたま合宿に来てくれたことを知ってだろうか。どんな理由でも、そのチームが合宿に来ることを楽しみに気にかけてくれる人ができたことが嬉しかった。

そんな人たちを日本中に多く作りたいなと。

さあ、5年目の夏も頑張ろう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

余吾由太

株式会社ランブリッジ 代表取締役CEO 1988年大阪府生まれ。 2007年愛媛マンダリンパイレーツ入団。株式会社ランブリッジを2015年に創業し、代表取締役CEOに就任。2019年よりグロービス経営大学院に在学中。

コメント4件

note仲間嬉しい!
よろしくお願い致します☺︎
ありがとうございます!
noteでも宜しくお願いします!
密かにやってました!よろしくお願いします!
北澤くん
密かにじゃなくてもええやん笑
よろしくお願いします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。