『水晶体奇譚』あとがきと解説

 先日、「カクヨム」で短編集を公開しました。そのあとがきと解説をこちらに置いておきます。ある程度謎解きの要素もあるので全部公開するのも気が引けると言うことで、こちらで公開させていただきます。あくまでもおまけなので、頑張って読む必要はないです。マガジンを購入されている方はそのまま読むことが出来ます。

作品はこちらから→『水晶体奇譚』

* * *

 このたびは『水晶体奇譚』を読んでくださってありがとうございます。この作品は一人称視点で複数の主人公の体験から世界のズレを体験するという体で話が進みます。『水晶体奇譚』の名前の由来は「様々な視点から見た奇妙な経験」というところから来ています。

 そして本作は断片的な話が多く、大きく分けて3つの舞台に分かれています。

・通り魔があって、芸能人が不倫をしたことが報道されている世界。
・通り魔はなくて、芸能人が結婚をしたことが報道されている世界。
・不安定世界

 例外的な世界もあるけれど、大きく分けてこんな感じ。以下「どこでどうつながっているか」に触れながら各話の解説などを書いていきます。

この続きをみるには

この続き:5,595文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

役に立たないことばかり書いてあります。

または、記事単体で購入する

『水晶体奇譚』あとがきと解説

霧夢

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

霧夢

夢の島思考処理場

役に立たないことばかり書いてあります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。