高学歴コンプレックス

「◯◯大学出身なんだから、これくらい余裕だろ?」
「◯◯大様はやっぱ違うよな〜」

これらは会社の同期に言われた言葉だ。
もしかすると若干、記憶が歪められてるかもしれない。怒りのせいで。
でも実際、こういった「某大学出身なら、頭が良いんだろ?」という旨の言葉をかけられたことは、確実に何度かあった。

私は「そんなことはない」と、努めて穏やかに返し続けた。
「私はそんなに頭よくないよ」と。本心から、そう思っていたからだ。
なにしろ私は、他人の名前をろくに覚えられない。47都道府県も言えない。

そうすると、「じゃあ✕✕大学出身のオレは何なんだ?」と返されたりした。いわく「バカにしてんのか」と。偏差値が下だから、見下してるのかと。

なんでそうなる!?!?!?

私の頭がよくないと、君の頭がよくないことになるのか?
出身大学の偏差値だけが、君にとっては頭の良さの指標なのか?

「もし本当に学歴だけで頭の良し悪しを判断しているなら、確かに君はバカかもな!」
と言いたい気持ちでいっぱいだった。ああ、会社を辞める前に言えばよかった。喧嘩になっても言えばよかった。というか一発殴りたかった。

・・・

私は周囲のひとに「頭が良い」と言われて育ってきた。

「頭が良い」の定義はとりあえず置いておくとして、なぜそう言われていたかを自分なりに考えると、まず「学歴」が思い浮かぶ。

ここから、私は自分の学歴に関して書く。
これを「自慢だ」と受け取る人がもしいるなら、仕方がない。
そう思うならそう思ってくれても、構わない。

でも、私は自慢をするつもりで書くのではない。
できれば、最後まで読んでもらえると、たすかります。

私は、小学校は普通のところに通っていたが、周りの雰囲気に流されて中学受験をすることになり、無事に合格して、私立に通い始めた。
中高一貫性の、女子校の中ではそこそこ偏差値の高い学校だったと思う。はじめはのんびりと学校生活を送っていたが、父に「勉強しないなら学校やめろ」と言われ、危機感を覚えて真面目に授業に取り組みだした。
きっかけは何であれ、私は中学3年頃から「成績を伸ばす」ことを楽しむようになり、クラスで3位以内、学年で15位以内をキープするようになった。

やがて高校生の後半になると、大学受験が迫ってきた。祖父に「早稲田大学以上に受からなかったら殺す」と言われ、私は第一志望に某国立大学、第二志望に早稲田大学を据えて、他にもいくつかの理系大学を受けることにした。

結果的には、全部合格した。正直、全部受かるとは思っていなかったので、結構びっくりした。学費のことや家からの通学距離を考えて、第一志望の国立大学に通うことにした。大学は面白いところだった。私は大学院の進学のことを考えて、あわよくば推薦で楽したいと思い、真面目に講義を受けた。理解ができなくて投げた教科もあったが、最終的には学科内で上位25%に食い込む程度の成績にはなったようで、大学院には推薦で入ることができた。

大学院の勉強は、専門性が高い。卒業、もとい修了のために必要な講義はそんなに多くない。どちらかというと、論文を書く方が大事で、研究が第一だ。私はここでも、ひたすら真面目に研究をした。病気に見舞われたりもしたが、教授方のご厚意もあり、なんとか無事に修了した。

・・・

「某国立大学の大学院出身」という肩書きは、就職活動において、強い力を発揮した。「立派だね」「優秀なんだね」というふうに評価された。

私はそのたびにコンプレックスを感じた。何をもって優秀と言われているのかわからなかった。研究について受け答えしたあとで「面白い研究してたんだね」と言われるのは純粋に嬉しかったし、誇らしい気持ちになれたが、大学名を出しただけで「ほう」という顔をされるのは、とても居心地が悪かった。

祖父が「某大学に受かったお前は偉い」と言ってくるのも、とても嫌だった。ただ褒めてくれるだけなら嬉しいが、必ず「それに比べて、お前の従姉妹の通う◯◯大学は全然ダメだ」と、従姉妹を貶めるからだ
私は、その従姉妹を尊敬していた。彼女はひとつ年下なのだが、積極的に母親を手伝って家事全般をこなし、年上に対しても物怖じせず、礼儀正しかった。生活能力ゼロで親戚づきあいが大の苦手の私にとっては、彼女の方がよほど優秀に思えた。

有名大学出身のわりに、私には中身が伴っていない。そんな気がした。実際、私は何か目標をもってその大学を目指していたわけではなかった。父や祖父に見捨てられたくなくて、勉強をして、言われたとおりの大学に入っただけだ。

「全く何も身につかなかった」とは思ってはいない。学んだことはたくさんあると思う。素晴らしい先生方に恵まれて、様々な分野の知識を得られた。
「自分は何も努力しなかった」とも思っていない。勉強はもともと得意ではあったけれど、初めから何もかも理解できたわけではない。特に、人名を覚えるタイプの教科はひどく苦手だった。担任の先生の名前すらうろ覚えなのに、顔も知らない歴代将軍の名前を覚えるなんて、苦行でしかなかった。

中身が伴っていないとは言ったが、「空っぽです」とまで言うつもりはない。自分が興味と熱意を持って学んだ分だけの蓄えはある。それは自信がある。

しかし、「某大学出身なら、これくらいできるでしょう」と、出身大学の名前だけで勝手に自分の能力を見積もられるのは、すごく嫌だ。
大学名で判断してくる社会の風潮が嫌だ。有名じゃないだけでその大学をバカにする人間が嫌だ。そこで何を学んだかが重要なんじゃないのか、と思う。

そして、「(高)学歴がコンプレックスだ」と言うと、皮肉にとられることが悲しかった。君をバカにしてなんかいないのに、と思う。だって、私よりよっぽど君の方が優秀じゃないか。人付き合いができて、仕事をこなせて。君が私に引け目を感じることなんか、ないじゃないか。悲しい。生きづらい。

私に何ができて何ができないかは、私がこれからする行動を見て判断してほしい。私が優秀かどうかは、大学名じゃなくて私自身を見て考えてほしい。
そうすればきっと、私が本当に頭が良いかどうか、わかるだろう。

「某大学出身なら、頭が良いんだろ?」という人に、私はこう答えたい。

「それはあなた自身で判断してください」、と。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると心身ともにうるおいます(主にご飯代にさせていただきます)。ここまで読んでくださってありがとうございました!

ウホホホイ!ありがとうございます!!
264

泥水

それでも生きる

生きづらさのポエム集です
2つのマガジンに含まれています

コメント21件

とても共感して読みました。

『学歴コンプレックス』に似たものとして、『有名企業コンプレックス』があります。

会社のブランドが強いと「あの有名な○○会社の人だから、とうぜん優秀なんでしょうね」と事前期待が否が応にも高まります。

それ自体はピリッとした気持ちで仕事に取り組めるので必ずしも悪いことではないのだけれど、長年会社ブランドで仕事をし続けていると、だんだん不安になってきます。

『会社の看板を脱いだときの本当の自分で、果たして勝負できるのか?』

この不安を払拭するには、実際に背負ってきた看板を脱いで活動してみる、しか無いんですよね。

学歴コンプレックスの場合は、看板を脱ぐフィールドをどこに求めるか? その選択肢の作り方が少々難しいかもしれませんね。

就活において高学歴は当然ながら有利に働くので敢えて脱ぐ必要がない気もするし、
就職後の会社生活においては、学歴至上主義の社風(カルチャー)の場合だとかなり息苦しいですもんねぇ。

いろいろと、考えさせられるメッセージでした。
極めて優秀な東大理系卒の女性が知人にいますが、職場で何かにつけて(良くも悪くも)「東大」扱いされるのを傍から見ているとある意味可哀想だなと思わされます。確かに彼女が優秀であることに疑いはないけれど、東大卒だからといって何をやらせてもうまくこなせるわけではないのですから。私はド田舎DQN家庭出身なので誰からも期待も尊敬もされないのですが、過度の期待を「勝手に」押し付けられている彼女を見ていると、学歴というのはなかなか厄介なものだなと思わずにはいられないのであります。
>倉増 京平さん
有名企業コンプレックスは、自分では体験したことはありませんが、なるほどと思いました。学歴と同じように「レッテル」として貼られるものですね。
看板を脱ぐ、というのもできることなら楽なんですが、私の理想は「看板はあくまで看板」で、どんな大学を出ていて、どんな企業に勤めていても、それに対して過剰な期待も偏見も持たない社会であってほしい、という感じです。(自分の看板に誇りを持てる人はそれはそれで素晴らしいと思いますし、それで良いと思いますが)

記事を読んでくださっただけでなく、いろいろと考えてくださったようで嬉しいです。
コメントありがとうございました!
>みそじさん
コメントありがとうございます。
みそじさんのように、「ある意味かわいそう(大変そう)だ」「学歴というものは厄介だ」と感じてくださる人がいるだけでも、その知人の方は楽になるんじゃないかな、と勝手ながら思います。自分は少なくとも理解してもらえるだけですごく気が楽になるので・・・。
ド田舎DQNとおっしゃいますが、ありのまま、その人を客観視できるのは素晴らしいことだと思いますよ!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。