自分のために生きるには、きっと限界がある


最近思うこと。
姉がいれど、年の差が激しくて(9歳年上の姉)、ほぼ一人っ子育ちだった私は、どこかでいつも、「一人の方がラクだよ〜」と思う節があると思う。

今もどこかできっと「一人の方が」という気持ちがあるけれど、
でも、自分で自分を満たすは、自分の為にだけ頑張るには、どこかで「限界」があるんじゃないかと最近は思うようになった。


********

25歳になって、少し、「結婚」というワードが周りで聞こえるようになってきた。
大好きな親友の結婚式のスピーチを担当することになったこともあり、
「結婚」かあ・・・そんな人もいるんだなあ・・くらいの部分から、
人生の選択を身近で見ているような気分と、自分の「結婚」の可能性を考えることも増えた。


Twitterなどを見ていると、ある一定の年齢(30代前後)に差し掛かると


「結婚しないの?」
「(パートナーと)結婚は考えていないの?」

などの質問をされたり、話題のトピックとして上がることもしばしばあるらしい。
そして、そういった質問をされること自体を懸念する女性、不信感を抱く女性も多いことも明らかだ。それは、「結婚しないと普通じゃない」とか「結婚=幸せ/女性の生き方」みたいなステレオタイプがどこかに残ってあって、その考えに違和感をもつ人も今は多いからだと思う。


********


じゃあ自分が「結婚」というものを望むとしたら、
どういう部分で、「結婚」に魅力を感じるんだろう、したいと思うのだろう・・・と考えていると、

自分の為に生きることに寂しさを感じた時かなぁと思った。


でも寂しさを埋めることがもちろん目的ではなくて、

自分の為に行うことで頭がいっぱいではなくて、
自然とその中に「誰か」への影響を考えてしまったり、
この人(パートナー)のために、「したい」という気持ちが、自分の幸せや温かさの類に変換される時、


一人で順調に進むことも出来る未来に、
あえて「面倒臭さ」を持ち込んででも一緒にいたいと思えること、
そしてそのドタバタも長い目で「しあわせ」だと思えること、

そんなことを思えたら、「結婚」をしたいなぁ。



******

(ただの余談)

学生時代にNPOでワークショップを作ることに携わっていた時に、
そこにお客さんとして来ていた37歳の男性と知り合ったことがあり、
その人とカフェでお茶することになった際、話を聞いていると、

独身で、営業関連のお仕事をしていて、
休日はエンジニアに転職すべくスクールに通っていて、
たまに空いた時間に、(私の運営していた)ワークショップなどで新しい人と繋がりを得たりしているとのことで。

「もっと自己投資したい」と言っていた。



「もっと自己投資したいんだよね〜」と話していたのが、今もなんとなく頭に残っている。自己投資、めちゃくちゃ素晴らしいと思う。自分に足りない部分や、夢をいくつになっても追っていく姿勢、素敵だと思う。


でも、その人の関わり方を見ていると、
優しくて、意識が高い人なのは間違いないんだけど、

・要求していないことを勝手にされていたり(私が興味ありそうな人に、勝手に連絡して、私の連絡先を無許可で教えられているetc...)、
・深夜(夜中12時〜2時)に、「最近どうしてるの?」と平然と連絡が来る。(寝てるわ・・・)
・なんとなく、自分にとって都合のいい人としか関わっていない。

そんな部分があって、
ある程度歳をとっているのに、「結婚」願望がない人というのは、(明言はできないけれど)「自分」を「自分」で満たすことに焦点がある人なんだと思った。


********



自分の為に生きることに、限界を感じた時、
人は、「誰かを大切にしたい」、「誰かのために出来る自分になりたい」とかそんなことを思うようになるんじゃないだろうか。
そして好きな人がいれば、それが自然にその穴を埋めてくれる。


今のところ、その形として、すごくわかりやすい形=「結婚」だから、
すごく目に見える形で、明言出来るし、公表出来ることだから、
人は、そう思うようになった時、「結婚」を考えるんじゃないだろうか。



人を好きになって、
誰かのために「何か」をする自分を好きになった。
私の今は、ちょっと不自然な形の進行だろうけど。




「結婚」ってなんだろう。
「愛」って、「大切」って、「生きる」って・・・


相変わらず答えのないことをよく考えるわりに、
曖昧なことを書いてしまう自分でした。



こんなんだけど、いつか愛する人と結婚する!(愛する人は今の人なのかどうかわからない)
結婚じゃなくてもいい。信頼する形ならば!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただいた場合は、「もっと書こう!」と単純なのでやる気が出ます・・・!

感謝!
27

kinako。

自分を知るために始めた日記帳。人生のこと、考えていること、人間関係のこと、ごはん。見習いweb&graphic designer/社会人2年目/旅行と旅/中華圏で仕事をしたい

コメント4件

色々考えさせられました。

自分の為に生きることに、限界を感じた時、
人は、「誰かを大切にしたい」、「誰かのために出来る自分になりたい」とかそんなことを思うようになるんじゃないだろうか。

歳を取っていくとそうなってしまうのか、それとも限界はそれ以上にあるのか。自分で限界を作ってしまい、他人にむけてしまうのか?
うーん。
わたしは今の夫と出会って初めて「この人と一緒にいろんな景色を見てみたい」という感情を抱き、結婚について考えるようになりました。結婚って公的にパートナーだと認められるっていうことと同義だと思うんです。枠組みに入るって窮屈なこともあるかもしれないけれどもそういう面もあるわけで。
人によって結婚に求めることって違うのかなぁって思いました。
>よっしぃさん。コメントありがとうございます。
そうですよね、私もまだまだ曖昧な考えで...😂でも年齢を重ねるごとに、自分と他人との距離感を、今まで無意識だった部分を意識し始める部分はあるのかもしれません。
あと、誰かに必要とされることを求めたくなったり・・・これも年齢かな?!
私も、まだまだ考えようと思います・・・!
>気ままなねこさん。良いね&コメントありがとうございます!
「この人と一緒にいろんな景色を見てみたい」という感情、とても素敵です・・・!!✨
わたし自身も、同じような気持ちがあります。自分で見たい景色と、誰かと見たい景色、未来をたくさん考えれる関係性に憧れます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。