鰯 十三

’99〜'18、メイカー勤務エンジニア。’19〜無職(主夫)、起業準備中。 Activity:Tennis/読書/哲学的思考/試作/革細工/音楽鑑賞(バイブルはbmr)/子育て Twitter:@13_sardines

4ヶ月ぶりの投稿です。

4ヶ月も何も書かないまま過ごしてしまった。
かと言って何もせず漫然と過ごしていた訳ではない。週に3度くらいテニスかパデルで身体を動かし、月に3度か4度興味の惹かれるイベントに参加し、毎日スマフォのゲームや料理、映画鑑賞、読書などをしている。

古くから「人は考える葦である」と言われているが、読書をして(情報の入力)思考して(情報の整理・結合)メモをとる(情報の出力)ことをし続ければ、どんなジャンル

もっとみる
ありがとう。あなたのスキを励みにまたnoteを書きますね!
6

フリーター生活がはじまりました

朝、子どもがベッドから抜け出す気配で目を覚ました。
外は雨。先週までとはうって変わって寒い、12月らしい朝だ。

個人的には昨日とは全然違う一日のはじまり。
何が違うとかと言えば昨日まで持っていた、大企業の社員という肩書きを失ったこと、固定収入を失ったということ、ただそれだけ。

トマトペーストを塗りハムととろけるチーズを載せたトーストと、ヨーグルトメーカーでつくったヨーグルトと、コーヒー、いつも

もっとみる

未来にさよならしよう。 希望とともに。

若林 恵、2012~2017の期間雑誌『WIRED』日本語版の編集長を務めた方である。この夏に購入した『さよなら未来 エディターズ・クロニクル2010−2017』の著者であり、国内で「未来」について最も考えたり聞かれたりしている人間のひとりであることに疑いの余地はない。

最初にカミングアウトしてしまうと、まだ『さよなら未来』は半分くらいしか読めていない。だけどこの書籍における若林さんの語り口は僕

もっとみる
ありがとう。あなたのスキを励みにまたnoteを書きますね!
6

イベントレポート 「変なこと(アート)は仕事になるのか」

年内でサラリーマンを卒業する鰯です。年明けに起業したいなぁと考えている。どうせ起業するなら僕の夢を実現するための会社にしたくて、日本の「教育」や「働き方」をアップデートしたいなぁと日々妄想中。そんな訳で勤労感謝の日前後の7日間開催されていた ”TOKYO WORK DESIGN WEEK 2018" に足を運んでみた。

最近よく耳にする”STEAM教育”の中でも、"Art" は学ぶことも教えるこ

もっとみる
ありがとう。あなたのスキを励みにまたnoteを書きますね!
8

文房具店で散々迷った結果、ここ2年間使い続けたTraveler’s noteでも、買う気満々だった「ほぼ日手帳」なく、A5サイズのシンプルな手帳を買って来た。
来年の今頃は手帳に何が書き込まれているのだろうか。
レールを敷きながら走る1年になるのか、期待と不安がクロスしている。

11月前半をどう過ごしたかのまとめ

完全に個人的な話で恐縮ですが、4月末〜10月末の6か月間、「毎日noteに投稿する」ことをミッションとして頑張ってみました。noteでは0時〜23時59分までの投稿がその日の投稿とみなされるため、連続投稿の表示がみたければ毎日その時間内に記事をアップロードする必要があります。

僕の場合、日付に対するこだわりはそれほど強くなかったので、数字としては100日に届きませんでしたが、180本を超える投稿

もっとみる
ありがとう。あなたのスキを励みにまたnoteを書きますね!
6