肩関節の機能解剖

まずは、臨床応用するためには、「基礎」が重要!!

このノートでは、一般的な「肩関節障害」、「肩関節疾患の臨床展開」、「肩関節の機能解剖」について解説していきます。

noteを使って、臨床に役立つ知識を得ていきましょう!

※ このシリーズでは、医療機関や介護施設で働くセラピストを対象と考えています。そのため、 便宜上、一般的に行うセラピストの検査測定を「評価」、アプローチを「治療」と表現します。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□

1. 肩関節の機能解剖

肩関節を構成する靭帯や関節包、滑液包についてご紹介します。

こちらの情報は、しっかりとした解剖書を参考にすることをオススメします。

このノートでは、私が行っている評価や治療を理解する上で必要な情報のみ掲載します。

この続きをみるには

この続き:1,136文字/画像8枚

肩関節の機能解剖

吉田 一也@鎖骨ほぐし

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

【まとめ情報】肩関節運動機能障害の基礎知識と臨床応用

<セラピスト向け> このマガジンは、「肩関節運動機能障害の基礎知識と臨床応用」という有料マガジンの一部をご紹介、バラ売りしています。 全ての情報よりも必要な情報分だけご購入いただきたい方に便利です。 まとめでご購入および学びたい方は、マガジンの購入がお得です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。