りよまさ

子育てしながら本質を探り、新たな気付きが生まれる事を楽しんでいます。そんなコトを書けるヒトになりたいと。

地域で子育て

今日は朝から道路清掃でした。
地方で暮らすようになり、数ヶ月に一度は道路や河川の清掃があります。

休日の朝から動くので、どうしても面倒な気持ちになります。

ところが今日は妻に予定があり、お留守番を避けたい次男が手伝うと言ってともに清掃へ出発。

自宅前から地域の公園へ向かって掃除をします。道端の草をむしり、袋へ入れる。

そこへ草刈機の音が響きます。
近所の方が空き地の草を刈っています。

もっとみる

はじめの一歩

子どもがサッカーをやりたいと。
友達が入っているチームに入りたいと。

ワールドカップで興味を持って、
バレーボールのはずがサッカーへ転向。

いよいよ体験練習へ参加です。

新しい環境に入って、
好きな事をすることは応援したい。

応援したい。。。

一番覚悟が必要なのは、
親かもしれない。

週3回の送り迎えと、週末の試合。

平穏な日々を過ごしてきただけに、
想像を絶する。

はじめの一歩。

もっとみる

中から見る外と、外で感じる外

最近、お風呂あがりに外に出て、縁側で秋の冷たい空気を感じながら息子と月を眺めています。

横になってゴロゴロしたり、座り込んでボーっとしたり。贅沢な時間の使い方です。

一枚窓を隔てて、中から月を眺めていても子どもは父に寄ってきません。

一枚窓を乗り越えて、外に出るとワクワクしながら寄ってきます。

まるでキャンプに来た夜のように、自然の中で佇んでいます。

外に出た空気感に、男同士の何かを感じ

もっとみる

罪悪感の育て方

皆さんはどんな時に罪悪感を感じますか?
罪悪感はどこで覚えました?

子育てをするうえで、
避けては通れないご飯の前のおやつの話。

本能で動く子どもには、

『お腹が空いたら、食べる』

という行動がそれはそれは素直に起こるわけです。

食べたくて泣いてるだけの年齢ならば、ご飯の完成まで待たせるものが、言葉を話し、空腹を訴えはじめればそうはいきません。

『ご飯が食べられるなら、食べてもいいよ』

もっとみる

想い出の涙

親となり、子育てをする中で捨てられないものが多すぎる。

生まれた頃から着ていた肌着やスタイ、洋服に靴に帽子など。

一緒に過ごす時間が増えれば増えるほど、想い出とともに使わなく、使えなくなってしまうものが増えすぎる。

どのタイミングで処分すれば良いのか?
まだ状態の良い服や靴ならばもらい手がいないのか?

次の一手が出ないまま時は過ぎ、
モノは増えていく。

ある60代の方と話してしている時に

もっとみる

「できるところまで」やること

資料やコンテンツをつくり人に相談する際に、どこまで準備するかの話。

これまでは、

*人に何かを伝えるとき
*上司に資料を見せる時

そんな時は出来るだけ完成度を上げて提示する。そんな意識が働いていました。

でも、社会のスピードの速さのせいか、
誰かが言い始めた言葉を聞いたからなのか、

最近は完璧を目指すよりもスピードを上げて不十分でも議論の場にさらすことの大切さを感じています。

全く中身

もっとみる